ライフスタイルに役立つ本

【レビュー】私は長生きしたくない派!「長生きするコツしないコツ」

 

 

あなたは長生きしたいですか?私は全く長生きしたくありません!私はそこまで長生きしたくないと思っていますし、老後にお金に困るくらいならむしろ、体が動く間に死んでしまいたいと思っている人です。

 

 

どれくらいの年齢で亡くなりたいと聞かれたら、出来るなら今すぐ!これじゃあ答えにならないので具体的な年齢を言うと30歳で人生を終えたいですね。

 

私は現在21歳なので9年後には人生を終えたいのですが、そう上手くいかないのが人の生です。

 

さてこのネガティブ言葉全開の私のポエムはどうでも良いとして、今回紹介したい本は「長生きするコツしないコツ」と言う本です。アマゾンで本を探していると、「あれ?これ私向きの本じゃない?」と思いそくポチリ3日後に届き読んだ本です。

 

 

どんな本?

 

この本はタイトル通り長生きするコツと長生きしないコツを教えてくれる本です。

 

ですがどちらかと言うと、長生きするコツの方が多く書いてあります。まあそれはそうだよね、長生きしないコツなんて本は私みたいなネガティブな人くらいにしか売れなさそうですし、なにより長生きしないコツなんてあまり需要がないでしょう。

 

 

この本では将来ガンにならない為の方法や、認知症にならない為のコツなど、60歳以上の人向けに書いた本です。しかし健康に気をつかうのは別に何歳からでも問題はないです。この本を買って将来は絶対に認知症になりたくないと思っている人は20代でも30代でも買うのに問題はないです。

 

亭主を早死にさせる方法

 

この本は長生きしないコツもわずかに書いてあります。私の好みの問題でいきなり長生きしないコツの方を少し紹介します。

 

この亭主を早死にさせる方法はあの超有名大学、ハーバード大学の教授が発表した論文です。方法はこんな風に書いてあります。

 

  • 亭主の好きな物を食べさせる
  • 亭主の言う事をよく守り、新聞でもたばこでも取りに行き、亭主を出来るだけ動かさない
  • 亭主がアルコール好きならば、思ったように飲ませる
  • 亭主がたばこ好きなら、好きなだけたばこを与える

 

他にも方法が沢山書いてありますが、とりあえずそれは置いといて、要点だけを言います。

 

長生きしないコツは好きな物を食べて、好きなだけお酒を飲み、好きなだけタバコを吸い、好きな生活習慣をさせる。そしてとどめは「具合が悪くても病院にいかない」

 

つまり食べ物に気をつかわず、運動もしない、お酒たばこは飲む放題、吸い放題。何が何でも病院に行かない。これを守れば早死にする事になります。

 

 

なるほどつまり私がいまから、不健康な食生活や生活習慣を続ければ出来るだけ早く死ぬことが出来んですね!だけど、残念ながら私は酒もたばこも嫌いで、全くやっていません。

 

しかも趣味が外に散歩に行くことがあります。私は無理に不健康な生活を送りたくないので、この方法はあまり使えないですね。

 

 

ガンにならないためには?

 

長生きしない方法ばかり書いてもあれなんで、長生きする方法についても書いていきます。

 

長生きの天敵といえばガンです。日本の死因の第1位がなにか?と聞かれたらガンですよね?これは半年に一回くらいテレビで日本の健康についてみたいな特集で毎回やっています。

 

この本でガンにならないためには

 

「発ガン物質を体内に入れないこと」

「生活習慣を改めること」

「免疫力を落とさないこと」

「活性酸素対策」

 

と書いてあります…わかんねー!!

 

実は本にはガンにならない為の方法として上の4つの方法が書いてありますが、具体的にどうすれば良いかなどは書いてありません。

 

これだけみると結局なにをすれば良いの?と思いますよね?特に発がん物質を入れないや活性酸素対策は完全に専門分野になるので一般人の私にはさっぱりです。

 

とりあえず一番分かりやすいのは生活習慣を改めること。

 

もし今、運動はしない、深夜に間食をする、から揚げやフライドポテトなど揚げ物ばかり食べていると言う人は、ぜひ生活習慣を改めてがん対策に備えた方が良いですよ。

 

長生きしないコツ

 

この本にはタイトルの通り、長生きしないコツも書いてありました。しかもページの最後の方に。私的には長生きしないコツの方が読んでてワクワクするので、少し紹介します。

 

まず1つめは暴食のすすめ。健康に気をつかわず自分の好きな物を好きなだけ好きな時間に食べる。量もバランスも関係ないとにかく食べまくると、糖尿病、肥満などの生活習慣病にかかり長生きできなくなる。

 

 

2つ目は運動しないこと。やはり歳をとって運動をしないと体が衰え、骨が衰えそれが早死に繋がります。運動しないと生活習慣病の恐れが出てくるので、長生きを避けたい人は運動をしない、休日は家でごろごろする習慣をつけると早死にします。

 

しかし早死にする方法を書いていると、人間の面白い心理が働きます。人間はお酒やタバコを止めろと言うと余計にひどくなる人が多いです。「好きなだけ飲ませろ!」「なんでタバコを止めないといけないんだ!」こんな風にして怒る人がいます。

 

しかし逆に「タバコも酒も止められないならどうぞ、好きにして下さい」というと人間はシュンと落ち込んでしまうそうです。どうやら好きにして下さいと諦められる事で、見捨てられたという感情が強くなり、それが逆に効果が高いようです。実際好きにして下さいと言われた人で酒もたばこも止める人が出るそうです。

 

何が言いたいのかというと、長生きしないコツをみた人は、見捨てられたと感じて逆に健康的な生活を送るようになるんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

この本で学べる事

 

この本では基本的な健康情報。

 

  • サプリメントの正体
  • 健康に良い食べ物
  • 健康にいい生活習慣
  • 必要な栄養

など健康に関する基礎知識が学べます。

 

基礎知識なのでネットやテレビで知っている情報が書いてある場合がありますが、本なので確実性と専門性があり情報が信用できます。

 

長生きしないコツについてはあまり書かれていないので私としては残念です。しかし本当に健康になりたいと言う人が読むなら素晴らしい情報を得ることが出来るでしょう。

 

 

まとめの感想

 

最初や中間で言いましたが、私は長生きしないコツの方が知りたかったです。

 

しかし本をみてみると、長生きしなくても良いですよと言われる事で人間の心理的に「寂しくなる」と言う感情が生まれます。

 

そして寂しくなると、長生きしたくないと言う人でも、いまの生活習慣を治したり、酒やタバコを止める人が出てきます。

 

この本を分かりやすくまとめるなら「かまってちゃんを治す本」という事がよくわかりました。

 

健康情報を知りたい人は健康についての基礎知識を。

 

長生きしたくない人は長生きする為のきっかけを与えてくれる。

 

どちらにも良い情報がある本でした。