仕事

危険!残業が当たり前だと将来取り返しがつかない事が起きる

 

 

あなたは残業が当たり前だと思っていますか?残業が当たり前、社会人なら残業があるのが普通と思っている若い人、特に20代の人は非常に注意して下さい!

 

若い頃から自分の好きでもない事。今の仕事が好きではなく嫌々やっている仕事で残業をしているならいますぐやめた方が良いです。

 

一言いうと、将来凄い苦労する事になるからです。

 

今回紹介するのは好きでもない仕事で残業をするとどうなってしまうのかを説明していきたいと思います。

 

 

仕事が遅くなる危険

 

 

残業に慣れると仕事が非常に遅くなります。これは確実です。

 

残業に慣れている人は「自分の仕事が遅いのではなく、仕事量が多いだけ」と言うことをいいます。確かにそれはあっています。あまりにも利益を重視する会社だと一番お金がかかる人件費を削減して、出来るだけ少人数で膨大な量の仕事を終わらせようとします。

 

そういった仕事量がありすぎる会社はまず人を増やす努力をやって貰う必要がありますが、一番問題なのは「何となくみんながやっているから残業する」という人たちです。

 

世の中には「残業代が稼ぎたいからわざと仕事を遅くする」人達がいます。大半は生活費が足りないという理由ですが、生活費が足りない理由はとにかく飲み会の量がおかしいという理由。私が前いた会社ではストレス発散のため週に2~3回飲み会に行く人がいましたが、飲み会で1回1万円以上使うといっているので、それは足りなくなります。

 

この様に仕事量は大したことないけど、残業代が欲しいから、または残業する事で上司の評価をあげたいから意味もなく残業する人が実は沢山います。

 

残業が毎日確定している会社にいると、仕事で早くやろうとは思いません。私の話ですが、前いた会社は絶対に7時以上は残業が確定していました。

 

どれだけ仕事がなくてもあっても何故かほとんど残業が確定している会社でした。なので私はどうせ残業だからという理由で最初から最後まで仕事のペースを半分くらいに抑えて仕事をしていました。

 

なぜならどうせメチャクチャ早くやっても残業が確定しているから。私1人が頑張っても意味がないと言う事がよく分かったからです。

 

恐らく会社の中には絶対に残業が確定しているところもあるでしょう。あなたなら残業が確定している会社で仕事を早くやりますか?恐らくほとんどの人は早くはやらないでしょう。

 

それどころか私と同じように疲れるから仕事のペースを落とすと言う人が多数でしょう。だって残業しないと怒られるから。残業するだけで上司の評価が上がるから。

 

若い時にこの様な働き方をしていたら一生仕事のペースは遅いままで、どこに転職しても残業をする羽目になります。

 

仕事が遅いとそういった残業が山盛りの会社にしか転職が出来なくなる危険がありますよ。

 

 

仕事の質が落ちる危険

 

残業が確定している会社にいると仕事の質が落ちます。

 

先ほど言ったように残業をする事でお金をもらい、上司の評価をあげる会社にいると仕事の質なんてどうでもよくなります。

 

どれだけミスしても、どれだけ仕事のクオリティが悪くても残業さえすれば勝手に給料も上がるし、勝手に役職がつきます。

 

これは終身雇用の文化が残っている日本独特のシステムですが、こういった会社に長くいると仕事の質をあげようとしても難しくなります。

 

若い時から仕事の質を落としていると、30代になった時に全く通用しなくなります。30代からでも仕事の質をあげようと思えば全然上げる事は可能ですが、20代という何も染まっていない状態のときと比べると天と地ほど苦労の差があります。

 

やはり20代の頃に仕事の質を上げる事を意識しないと残業で評価する会社ばかりに転職する羽目にあいます。

 

 

休日に何も出来なくなる危険

 

 

残業ばかりの会社にいるとせっかくの休日に何も出来なくなる危険性があります。

 

残業が長い会社に勤めると平日は疲れてなにも出来ない。土曜日は休日出勤で仕事。日曜日は疲れ果てて家で寝て終わる。こんな休日を迎える羽目にあいます。

 

疲れてても絶対にこの趣味だけはやると言う物があれば良いですが、恐らくこの記事を見ている人は「趣味はあるけど熱中とまではいかない」とおもっている人が多いでしょう。

 

仕事ばかりしていると、ストレスが異常に溜まって人間はドンドン疲れ果てていきます。そしてストレスを一番楽に発散できる方法が眠る事なんです。

 

家で動かないで寝るのが一番楽で、一番体が休まる方法なんです。映画鑑賞をする人は映画館まで行かないといけませんよね?ゲームが趣味と言う人は頭を使って「このボスをどう倒せばクリアできる?」と頭を働かせないといけませんよね?

 

趣味と言うのは実は体力と精神力を使う物です。なので少しの体力も残っていないと趣味と言うのは出来ないものなんです!

 

そして究極に疲れ果てている人は結局休日は眠って過ごすという人が実はかなり多かったりします。

 

楽しくない仕事ばっかりして、残業ばかりやっていると私みたいにいきなり「消えたい、死にたい、こんな人生に意味がない」と思うようになりますよ。

 

趣味を楽しみ余裕がないと、いきなり死にたくなるので残業ばかりして趣味の時間が無いと実は命の危険です。

 

 

将来仕事がなくなる危険

 

残業ばかりしていると将来仕事がなくなる危険があります。

 

というのも最近は不況のせいで次々と会社が倒産しています。大手の会社だってニュースでよく大赤字だったり、倒産したり、買収されたりしていますよね?

 

大手の会社が潰れる事が多いのに、いまあなたの勤めている会社は大丈夫と言う保証がありますか?もしかしたら10年後に潰れている危険と言うのがありますよ。

 

残業ばかりしている会社にいると、自分の能力をあげようとする余裕が出来ません。自分の能力をあげるというのは、仕事の効率化を勉強したり、資格の勉強をするなどです。

 

よく言いますよね?「将来の為に資格を取った方がいい」今も昔もこんな事をいわれています。最近では英会話やプログラミングなどの資格や勉強が流行っていますが、昔から資格を取った方がいいというのは変わりませんね。

 

しかし残業ばかりの会社だと自分の能力をあげようとする元気も出ません。そもそも仕事から帰って来てクタクタになっています。そこでお風呂に入り、ご飯を食べてから勉強する気になんてなりません。

 

恐らく多くの人がスマホで面白いニュースがないかチェックして、アプリでスタミナを消費してYouTubeをみて寝ると言う事が多いでしょう。

 

それは仕事から帰ってきたら好きな事をしたいですよ。クタクタになっているから体を休めたい訳ですよ。

 

しかし勉強して資格をとるなり、何なりで仕事を貰うと言う事は、好きな事で楽しく働けると言う事です。

 

好きな事で仕事が出来たらストレスも半減ですし、少し暗い人生も明るくなります。

 

残業すると勉強をするチャンスが生まれなくなるので、将来的には仕事がなくなる事も十分ありえますね。

 

副業が出来なくなる危険

 

 

副業なんてやらなくても良いよ、と考える人が多いですがそんな事もありません。

 

というのも今はネットがあればだれでもその日に副業が出来てしまう世の中になりました。

 

副業で100万以上稼いでいる専業主婦の人や、職に就かないでニートの人が株だけで1000万以上稼いでいる人だって世の中には恐ろしい程沢山います。

 

元々ニートの人だって勉強をしただけで月額10万を稼ぐことも今のネット社会では当たり前に存在します。

 

ネットを使えばあなたの月収を簡単に超える事も可能ですよ。

 

ゆうめいどころで言えば、ヤフーオークションでの転売やブログを書いて広告収入を手に入れるアフィリエイトなどがありますね。

 

残業をして疲れていると副業をする元気も無くなりますが、残業をしないで定時でサッサと帰ると副業が出来ます。そして副業をして自分の収入を大きく超えたら嫌な仕事をやめることも可能です。

 

こうやって副業をする事で今の時代によく聞く「好きな事だけして生きていく」事も十分可能です。

 

ちなみに「じゃあ俺も副業をやってみよ」と考えるのは良いですが、そこでネットの評判をみてはいけません。

 

例えば転売をやろうと思いネットで稼げるかどうか調べます。調べると確実に「転売は稼げない」と言う事が絶対に書いてあります。

 

多くの人はそこで諦めてしまいますが、まだやってもないのにネットの情報だけでやめるのは非常に勿体ないです。

 

自分が興味がある副業があるなら一度は絶対にやってみる事が良いです!ネットで副業を調べるとどの副業も「今はやっている人が多くて稼げない」と絶対に書いてあります。

 

その情報を絶対に信じてはいけません。稼げないのは書いた人があまり能力が高くない人が多いので気にする必要もないです。

 

本当にネットで稼いでいる人はあまり目立ちません。確かに年収が1000万クラスの人で目立っている人がいますが、隠れて稼いで表には全く出ない人がいるのも確かです。

 

残業全てを否定するわけではない

 

ちなみにここまで残業を全て否定する様に書きましたが、私は別に残業事態はあまり否定していません。

 

残業をするように沢山努力をするのは全然良いです。イチロー選手だって子供の頃に死ぬほど努力をして今の実力になったわけですし、プロの漫画家やピアニスト、歌手などは空いている時間は練習をしています。実際アマチュアとプロの平均練習時間などを調べると、アマチュアは一日平均1時間。プロは平均6時間、平均時間が全然違う事がわかっています。

 

他にはプロゴルファーの人は一日1000球ほど打ち込みをする。しかしアマチュアは一日100球とプロと10分の1もの差があります。

 

プロの人は自分の仕事でしかもお金が貰えないのにサービス残業と言う努力をしています。

 

いま自分の好きな仕事をしている人は、過去にお金が貰えない残業をして今の地位にたっています。つまり残業は世の中には必要です。

 

しかしそれは自分がやりたい事をするために必要な努力だけです。自分が嫌いな仕事で残業なんて絶対に嫌です。自分がやりたい仕事で残業をするならそれは最高の残業になります!