仕事

どんより気分を晴れやかに!仕事中気分が落ち込む時の対処法

 

 

仕事中に気分が落ち込む事ってありますよね?

 

  • 上司に怒られた
  • 定期的にくる精神的な波
  • 何となく落ち込む
  • 同僚が最近成績が良い

 

こういった色んな事のせいで精神的に落ち込む事なんて当たり前にあります。

 

私も精神が不安定な所が沢山あるので、仕事中に落ち込む事なんて当たり前にあります。

 

そんな人はどうしたら良いのか?どうしたらこの気分が和らぐのか?今回はコミュ障、精神不安定であるこの図書館の管理人である私が仕事中に落ち込んだ時の対処法を教えます。

 

 

トイレにひきこもる

 

まずは王道手段、トイレにひきこもる。あまり長くは使えませんが私が使っている鉄板手段です。

 

トイレというのはある意味心を落ち着かせる癒しの場所です。トイレは小をする所は誰かと会う事があるので地獄のような場所ですが、個室なら完全に天国のような場所です。

 

トイレの個室は誰も入ってこない場所ですし、そもそもトイレ事態そこまで多くの人が入ってくるわけでもありません。しかも内気な性格の人は落ち込んでいる時こそ1人でいたいと考える事がおおいです。

 

ならトイレは最高の隠れ家になるでしょう。仕事がひと段落ついた時に5分だけ個室に入るだけでも十分心の持ちようが違います。

 

精神的に一度休憩する事によって少しだけ心が落ち着きます。個人的にトイレはかなりおすすめの場所です。

 

 

うざい上司の顔を書いて塗りつぶす

 

さていきなりブラックで陰湿な行動ですが、このさい精神的に落ち着くなら何でもしましょう。

 

あなたにもうざいと思う上司はいるでしょう。周りから真面目、優しいと良く言われているあなたでも鬱陶しいと思う上司やこの人とは一緒に仕事がしたくないと思う人は1人以上はいるでしょう。

 

メモ用紙などにその思い浮かんだ人の顔をてきとうで良いので書いて思いっきり塗りつぶして下さい。あまり物が強く言えないあなたは上司に逆らうことが出来ません。

 

なのでかなり陰湿で変な行動かもしれませんが、試してみて下さい。私は本当に限界が来た時に誰にもばれない様に仕事場にすみっことかで、メモをとるふりをしてやっています。

 

特に黒色のボールペンで思いっきり顔を塗りつぶすのはかなり快感です。このメモをみられたら恥ずかしくて会社をやめそうになりますが(笑)

 

 

メモ帳に今思っている事を雑に書く

 

上司の顔を塗りつぶすのはちょっとやりたくない人は、メモ帳などに今思っている事をそのまま書き出してみましょう。

 

いま精神的に何が辛いのか?誰のせいでこんなに辛いのか?どうして辛いのか?いつ辛くなった?などを全て書きだしてください。

 

書くときは丁寧に書かなくても良いので、最低限自分が読める程度に雑に書いてください。そうする事で今自分がどうしてこんな感情になっているのかが一目でわかるようになります。

 

仕事中に落ち込むのは1つの原因のせいではない可能性があります。上司に怒られて凹んだと思ったら、実は朝から風邪気味のせいで体調が悪かった。

 

実は昨日親に嫌味を言われた、実は友人と喧嘩したなど実は隠れた原因が沢山出てくる事が多いです。

 

落ち込んでたら一度全ての事を書きだして客観的に自分をみてみましょう。

 

そして書いたメモを翌朝でも良いので1日置いてみる事をおすすめします。そうすると「あれ?なんで俺はこんな事で落ち込んでいたんだ?」そんな風に思いますから。

 

 

仕事を丁寧にサボる

 

仕事中に落ち込んでしまう人はとても真面目です。上司の言う事は全て聞いて、行きたくもない飲み会に参加して、押し付けられた仕事を全てやる。

 

そんな超が付く程真面目な人間です。真面目人間の悪い所は仕事で常に全力疾走をする事です。これの何が悪いかというと確実に燃料切れになる事です。

 

例えば自転車に乗っていて常に全速力でこぐ人は恐らく10分もすれば確実に疲れます。そして降りて結局歩いて進む事になるでしょう。そしてもう1回自転車を乗ろうとしても先ほどの全力疾走の反動が出て、もう自転車に乗りたくないと思うようになります。

 

一方自分の事を第一に考えて、最初から最後までペースが同じ人は長い距離を走ることが出来ます。最初は全力疾走の人にかないませんが、時間をかけていく間に全力疾走の人を抜き去ってドンドン遠い所に行きます。

 

簡単にまとめると手を抜いて仕事をした方が良いと言う事です。仕事はその会社が潰れない限り、30年、40年、私たちが定年になる頃はもしかしたら80歳以上働かされる危険があるので50年以上お世話になる可能性もあります。

 

仮に30年同じ会社に勤務する事になりましょう。365×30で11315日。土日を抜いてもなんと1万日以上は同じ会社で過ごすわけです。同じ会社にいなくても1万日以上働く事になるのでいつまでも手を抜かないで仕事をすると確実に精神が崩壊します。

 

ですが、真面目な人にいきなりさぼれと言われてもサボり方なんて分かるはずがありません。

 

そこで私がやっている簡単なサボり方を紹介します。それは「仕事を遅くやる」ことです。なんかメチャクチャな事を言っているようですが、あなたはいつも全力疾走で仕事をやっているので早さも素晴らしい事になっていませんか?

 

確かに仕事を早く終わらせるのは素晴らしいです。それだけ早くやれば上司の目にもとまりますし、評価は高くなるでしょう。しかし結局早くやっても上司たちが残業をするので結局早く帰れないのではないですか?

 

残業をする会社は仕事があると確実に残る。しかし仕事がなくても残業をする会社もあります。上司の中には残業代を稼ぎたいが為にワザと残業をして残る人もいます。そんな人がいるのに自分だけ仕事を一生懸命やってしかも残業をするのもバカバカしくありませんか?

 

残業をする会社はなにを言っても帰らせてはくれないし、変わろうともしないのであなたの会社が残業を減らす事はまずないでしょう。

 

なので仕事を遅くやって適当にサボリ、てきとうに仕事を終わらせて精神的に楽になった方が良いです。

 

 

とにかく無理をしない

 

仕事中に気分が落ち込むというのは、あなたの体が限界にきている証拠です。

 

あなたの体は無理をして、無理をして、もう「体がもたない!何とかして!」とサインを出しているんです。

 

そうした時は、有給休暇…と言いたい所ですがどうせ有給休暇もとらせてくれない会社なのでしょう。だったら1か月に1回風邪や体調不良といって会社を休むのが良いでしょう。それだけでも十分休める事になります。

 

あと、会社にいると定期的に気分が落ち込むと言う人は、転職を考えた方が良いですね。

 

いまはネットを使えば便利なサイトが沢山あります。一番有名所はリクナビと言うサイトでネットの転職サイトならとりあえずリクナビが良いです。

 

どうしてもやばいと思ったら絶対に転職した方がうつ病を回避する事になりますし、体と心が健康ならどれだけでもやり直しがききます。

 

この図書館ではうつ病や働き方などに非常に役立つ本を紹介しています。なので苦しかったらまた遊びに来てください!