仕事

残業が当たり前だと休日になにも出来ない危険があり自分を見失う

 

 

残業が当たりまえになっている人が多いです。私の周りの友人も段々と残業が当たり前にある人達が増えていて、いつのまにか洗脳されている人たちばかりになっています。

 

 

まあ、私の考えは残業をして将来的に確実にプラスになる事なら良いですが、何となく会社の決まりで残業をしているならヤバいです!!

 

とはいっても残業をするとヤバいといっても、あなたは断りにくい性格でどんな嫌な事でも引き受けてしまう優しい性格です。

 

残業はやらない方が良いといっても「いや、断れないから困ってるんだよ!」とかなり怒りのマークがつくはずでしょう。

 

ではこれを読んでもいきなり残業をやめましょうとは言いません!だけど残業をしすぎるとこんな危険があるんだよという事を頭にすみっこに置いておいてほしいです。

 

 

残業が当たり前だと休日にずっと寝る

 

残業が当たり前にあると休日はずっと寝ている人が多いです。

 

頑張って金曜日まで仕事を乗り切り、金曜日の夜に明日の予定をどうしようかワクワクしています。しかしいざ土曜日になっても休日の朝に何もやる気が起こらないで「ボーット」している人が多いです。

 

これは平日に残業をしすぎたせいでその疲れが土日に一気に来るという人が多いです。そう言う人が大抵朝起きてご飯を食べたあと携帯でアプリをやっているか、ニュースサイトでダラダラしている人が多いです。

 

そしてそのまま昼の12時になります。そして昼の12時になると出かけるにも中途半端な時間なので結局家でゴロゴロする。そんな休日を過ごすことになります。というかもうなっているのではないですか?

 

ちなみにそういう人に限って「日曜日は絶対にどこか出かけよう!」と意気込んで結局土曜日と同じ過ごし方をするか、「日曜日は家でゆっくりしたい」と思って結局出かけない人が沢山います。

 

「いや、俺は家でやる趣味の方がメインだから」と言う人も実は危ないです。家でやるといったら積みゲーの消化、読んでいない漫画の処理、録画したアニメやドラマなどを消化すると言う人が多いでしょう。

 

しかしそう言う人も結局アプリをダラダラやるかネットサーフィンするかで休日を過ごしています!自分がインドアな趣味で家にいた方が楽しいというなら全然問題ないです。

 

一番ヤバいのは仕事の疲れが出て、土日にネットサーフィンかアプリのスタミナ消化などをしている人が社畜になって疲れ果てている証拠です。

 

 

残業が当たり前になると休日に熱が出る

 

実は人間の体の仕組みで面白い事があります。それは平日の疲れを土日に全て持っていき、体調を崩す人がいる事です、

 

これは私の母がよくなっていました。平日は頑張って働き土日になると糸が切れたようにプツンと倒れる。そして38℃以上の高熱が出始めます。

 

母は残業ではないのですが、職場の人間関係に疲れ果てていて、土日はいつも体調を崩していました。ちなみに今は職場を変えたのですっかり元気になっていますよ。

 

しかも何故か休日になると体調を崩す人は意外と多いです。ヤフー知恵袋で調べて見るとこんな質問が沢山あります。

 

週5日勤務で、休みの日にはグッタリしてしまって一日中寝たきりになり熱が出るのは、体力が無いのでしょうか?
仕事は介護で、2~3日おきに1日休みで週5日勤務です。週休2日制の方のように、2日連続で休日というのは無いです。
また、以前は事務の仕事で週休2日・土日連続で休みでしたが、その時も、2日間寝たきり状態でした。

引用元:ヤフー知恵袋

 

調べて見るとこんな内容の相談が数多くあり、休日に疲れる人は沢山います。

 

いまのあなたは20代と言う肉体的に一番健康な時期なので休日になっても疲れを感じにくいはずです。しかし30代、40代になってくるとジワジワと体の体力がなくなり、休日に熱を出すことになりますよ。

 

今の状態で同じ量の残業をやると確実に体力に限界が来ることは覚えといてください。

 

残業が当たり前になると休日がつまらない

 

残業が当たり前になると非常に休日がつまらないくなります。

 

もっと詳しく書くと「趣味を楽しむ余裕がなくなる」と言う事です。残業が多いと帰る時間が遅くなります。

 

例えば8時に会社が終わるとして30分で家に帰宅、30分でご飯を食べる、30分でお風呂に入る。最低限その日の間にやらないといけない物を数えると1時間30分も時間を削られます。

 

そして自由に使える時間になるのは9時30分から、そして残業が多い人の特徴として深夜まで起きれないと言う事もあります。私が経験したのですが、起きれても11時が限界です。

 

そして計算するとなんと1時間30分しか自分の自由時間がありません。たったこれだけの時間で何が出来ますか?恐らく大半の人はスマホでTwitter、ニュースサイト、お気に入りのアプリをやるとそれだけで1時間30分なんて当たり前に過ぎてしまうでしょう。

 

結構雑に時間を書きましたが、最低ランクのブラック企業に勤めてる人はこんなものではないでしょう。

 

しかも疲れているので自分の趣味をやる元気もありません。残業でただでさえ疲れているのに余計に体力をつかう趣味の時間なんてできるはずが無いです。

 

そして何が起こるか?仕事終わりに食べて風呂入って寝るを繰り返すと「自分の楽しかった物を忘れます」。

 

以前は漫画を読むのが大好きな人でも漫画を買っただけで満足、もはやビニールも開けていない状態でコレクションの様に飾られます。

 

積読という言葉もある様に漫画の封を開けずにドンドン積み重なっていきます。そして症状が酷くなるとどんなに好きな作家の漫画でも買わなくなります。

 

残業が多すぎて疲れ果てる人は全ての事に興味を持たなくなり、何もする気が起きずに、休みの日はスマホを充電するかの様にボーットする事が多くなります。

 

 

そして死にたくなる

 

そんな無気力になった人が最終的になる末路が「死にたくなる」ことです。本来生きる意味なんて考えたらどれだけ考えても出てきません。

 

天才の様な頭脳を持つ人なら何か自分なりの答えが見つかるかもしれませんが、私たち凡人の脳は生きる意味を考えても何も出てきません。

 

生きる意味なんて答えも見つかりませんし、考えた所で意味がないので本来は考えない様に出来ています。

 

しかし残業が多すぎた人は、趣味も何もかも失っているので楽しめる事が全くありません。

 

この記事を見ている人は、言い方が悪いですが友達があまり多い人ではないでしょう。しかも会社でも仕事だけの関係でプライベートは一切かかわらない。無理に友人を作る事はないですが、息抜きとして遊ぶ友人は1人はいた方が良いです。

 

そして休日を楽しむという事が全く出来ません。そして上手くストレス解消が出来なくて、ドンドンストレスが溜まっていきます。

 

そしてストレスが一定ラインを越えると「死にたい」という感情が生まれます。もしかして今も思っている人がいる可能性が高いですが、ストレスで頭がおかしくなる事が覚えといた方が良いです。

 

 

残業が多すぎると休日に何もできない

 

以上の理由からあまりにも残業が多すぎると休日は何も出来ないという事を伝えました。

 

 

しかしこれだけ危険な事を知らせてもあなたは、いまの職場から動かないはずです。

 

私もメンタルが弱く、世間体を気にし、変わる事が嫌いな人だからよく分かります。これを読んでもあまり心が動いてくれないでしょう。

 

なので最初に言った通り、頭の隅っこに入れて下さい。残業が多すぎるとストレス発散が出来なくなり精神が崩壊すると。

 

私が一度精神が崩壊して今でも若干後遺症が残っているので。