自己啓発本

中古本は確かに汚いけどつい買ってしまう3つの理由

 

私は中古本を良く買います。中古本は汚くて嫌だという人も沢山いますが私は汚くても中古本を買うのが辞められません。

 

なぜそこまでして中古本を買うのか?今回はその理由について書いていきましょう。

 

安いから

 

中古本を買う理由の大半が安いからです。

 

恐らく私だけではなくて大半の人は安いから中古本を買っている人が多いでしょう。

 

たとえば漫画の場合600円くらいする漫画が多いですが、ブックオフで探すと100円で売っているものも沢山ありますし、平均で300円くらいで売っていることがあります。

 

単純計算で半額になるわけですからそれは中古本方を買います。

 

私もあまりお金があるわけではないですし、安く買えるなら安く買いたいです。

 

ちなみに私はビジネス書なども多く買っていますが、ビジネス書は平均で1300円くらいするかなり高価なものです。

 

ですがビジネス書もブックオフで100円で売っている事も多いですし、500円くらいになって売っているものも沢山あります。

 

amazonでも1円(送料300円)で売っているものがあるため半額以下の値段で本を安く買う事が出来るでしょう。

 

普通に新品で10冊買うと10,000円以上するものも中古で買うと5000円ほどになるため、より沢山の本を買う事が出来ます。

 

やっぱり何でも安く買えるとつい買ってしまいます。

 

すぐ売るから

 

本好きの人は買った本をコレクションみたいにして大事にする人がいますが、私の場合は別です。

 

私は本当に好きな本以外はドンドン売ってしまうタイプの人間で手元にあまり本を残さないタイプです。

 

なので漫画を読んでその漫画に飽きたら全巻売りますし、1巻だけ試し読みをしてつまらなかったらそのまま売ると言う事をしています。

 

なのでぶっちゃけ読めれば中古の本でも全然問題はありません。

 

ビジネス書など勉強用に使う本は要点をブログにまとめればいつでも大事なところだけ読みかえす事も可能なので問題はありません。ブログでまとめるので書き込みなどがあっても関係はありません。

 

ちょっと気になる本を中古で安く買ってぱっとみてすぐ売る。私はそう言ったサイクルで本を読んでいます。

 

雑に扱えるから

 

中古本が好きな理由は本を雑に扱えるからです。

 

私は中古品が好きですが、物を雑に扱うタイプではありません。むしろ買ったものは大切にしたい派なので保管は厳重にしています。

 

それこそ新品で買った本はどんな本だろうと大切に扱いますよ。

 

ですが大切に扱いすぎて神経質になる事が多いです。

 

たとえば本を読む時も折れ曲がらないようにゆっくり開いて力を入れない様に気を付けていますし、本が折れ曲がらないように読んだらすぐに本棚にしまうようにしています。

 

この様に厳重に扱うのは良いですが神経質すぎて少し疲れてしまうことが私はあります。

 

ですが中古品だったら多少雑に扱っても問題はありません。

 

中古品はカバーがない事が多いですし、最初から折れ曲がっていることが多いため特に意識せずに読む事が出来るでしょう。

 

それに新品の本では絶対にやらない片手でポテチを食べながら読むなんてことも中古品だからこそ出来る事です。

 

この様に中古品だからこそ雑に使えるのでストレスなく読む事が出来ますよ。

 

本当に好きな本は新品で買うよ

 

ちなみにここまで中古本の事をよく言いましたが、私は本当に好きな本は新品で買いますよ。

 

そもそも中古品を買ってもその作者に印税はいきませんし、好きな漫画や作家の本が汚れていると私だって嫌です。

 

それに中古品が出るまで待つことも嫌です。特に漫画だったら発売日になったらすぐに買いに行きたいのですぐに新品を買います。

 

ただ暇つぶし程度に読む本や「あ…この本の最新巻が出たんだ」というくらいの漫画は中古で買っています。

 

なんでもかんでも中古で買うわけではありませんよ。