定額サービス

amazonプライムの支払いはギフト券で使えないので支払う方法を伝授

.

amazonプライムの支払いはギフト券で使えるのか?という疑問が多いが残念ながら使えない。

 

ネットではamazonギフト券でも支払えるという情報もあるが、私はやろうとしても出来なかったな。

 

やり方が間違っていただけかもしれないが、とりあえず私はギフト券で支払いが無理だったぞ。

 

だが、ギフト券を使わなくても支払う方法はある。それこそ「クレジットカードを持っていない」という人でも実は簡単に支払う方法があるのだ。

 

今回はギフト券以外でamazonプライムの料金を払う方法を書いていこう。

 

プライム会員の支払いができるもの

 

では最初にamazonプライムの料金の支払いができる方法を書いていこう。

 

クレジットカード

 

まずは定番の方法だが、クレジットカードで支払うという手がある。

 

恐らくネットの支払いは大半の人は、クレジットカードで支払う事が多いがこのページを観てる人はクレジットカードがないから困っている。そんな人が多いだろう。

 

そんなひとはYahooカードをおすすめする。Yahooカードは他のクレジットカード会社に比べて審査がゆるい事で有名だ。

 

実際専業主婦でもフリーターでもカードが作れた。そんな友人の話をよく聞くし私もフリーターの時に作れたので審査はかなり緩いだろう。

 

落ちるとしてもカード会社からブラック扱いされている人以外はまず間違いなく通るだろう。

 

もちろんamazonプライムの会員の支払いも可能だ。Yahooカードの申し込みは下のリンクからどうぞ!

↓↓↓

【Yahoo! JAPANカード】

 

VIZAカード

 

ちなみに、Yahooカードでは

 

  • VIZA
  • Mastercard
  • JCB

 

の3種類のカードがあるが、とりあえずVIZAカードを選ぶとよい。

 

VIZAカードは日本でもかなり使う人がいて、使えるお店も多い。ネットの支払いでもVIZAカードを取り扱っている所がほとんどなので、特にこだわりがないならVIZAにしておくと使いやすいぞ。

 

Mastercardカード

 

こちらもYahooカードで作る事が出来る。

 

VIZAカードとあまり違いはないが、会員数がVIZAカードの方が多く加盟店も多いので特にこだわりがないならVIZAカードを作る事をおススメする。

 

JCBカード

 

これもYahooカードで作れるし、プライム会員の支払いに使う事が出来る。

 

これの最大の違いは、日本国内のブランドということ。

 

VIZAカードはアメリカ、Mastercardカードはドイツが作ったカードでいわゆる外国産だが、JCBは日本で発行されているため、日本ブランドの方が安心感があるという人におススメが出来る。

 

とはいっても、JCBカードは加盟店が他の2つの比べて少ないため、ネット支払いの時にVIZAカードは使えるけどJCBカードは使えないなんて事もある。

 

なので、特別な理由がない限りやはりVIZAカードの方が使い勝手が圧倒的に良いだろう。

 

携帯支払い

 

ドコモユーザーとauユーザーだったら、携帯代と一緒に支払う事が出来る。

 

なので、携帯がドコモまたはauだったら携帯支払いにするとamazonプライムの会員になれる。

 

ただ、ソフトバンクの場合は残念ながら出来ないので、先ほど言ったように誰でも作れるカードを作って、プライム会員になるのが良いぞ。

 

ちなみに私は最初、携帯支払いにしようとしたが残念ながらソフトバンクだったため、そこからカードを作ってamazonプライム会員になった。

 

フリーターの人はYahooカードがおすすめ

 

恐らく、このページに来てる人は何かの理由でクレジットカードが使えない。そしてギフト券でプライム会員になろうとしたが、出来なくて困っているという人だろう。

 

私もプライム会員になろうとしたときはフリーター、しかもソフトバンクユーザーだった為プライム会員になる時は非常に苦労をした。

 

だが、やり方を知ってしまえば簡単だ。

 

Yahooカードはカード会社のブラックリストになっているという理由じゃない限り、フリーターでも専業主婦でも学生でも18歳以上なら普通に使える。

 

ちなみにYahooカードの選択肢で「キャッシングサービスを希望する/希望しない」という選択肢があるが、これは希望しないを選んだ方が良い。

 

キャッシングサービスは、お金を借りることが出来るサービスだが、フリーターや専業主婦がお金を借りることはカード会社からすると怖いだろう。

 

なので、少しでも審査を通りやすくするためにキャッシングサービスは希望しないを選んでおこう。

 

そしてamazonプライムに入りたい。ネットの支払いを楽にしたいという人はぜひ使ってみるとよい。

↓↓↓

【Yahoo! JAPANカード】