定額サービス

amazonのお急ぎ便を使う時の便利な支払い方法まとめ

 

amazonのお急ぎ便の支払いが出来ない。または支払い方が分からないという人はいないですか?

 

amazonなどのネットショップは便利ではあるんですが、支払い方法など細かい所が分からない事が多いです。

 

そこで今回はamazonのお急ぎ便を使う時の支払い方法を書いていきましょう。

 

クレジットカード

 

まず、最初にお勧めしたいのが定番のクレジットカードです。

 

基本的にネットショッピングではクレジットカードで支払うのが基本で、大抵の場合はカードさえあればなんとかできます。

 

もちろんお急ぎ便の時にも対応していて、一番便利でどこでも使えるいい方法ですよ。

 

amazonギフト券

 

恐らくこのページを読んでる人はカードを持っていない人が多いです。

 

実際私もamazonを最初使っている時はカードを持っていなくて、amazonギフト券にお世話になりました。

 

ちなみにamazonギフト券ってどこで買えるの?と思う人がいますが、amazonから電子式のギフト券を買えますし、コンビニなどに行けばamazonギフト券は売っていますよ。

 

ちなみにコンビニ以外にも売っている場所は多く

 

  • TSUTAYA
  • ゲオ
  • 電化製品店
  • イオンなどのデパート

 

などなど、実はamazonギフト券は沢山の場所で買う事が出来ます。

 

なので近くのお店にいって探して見て下さい。コンビニだと入り口の近くにamazonギフト券があることが多いです。

 

amazonギフト券のほかにGREEのカードやモバゲーのカード、後楽天で使用できるカードなども同じように売っているので、そこを確かめて下さい。

 

代金引換

 

お急ぎ便はコンビニ支払いは出来ないですが、代金引換ならする事が出来ます。

 

代金引換とは、荷物が届く時に支払う方法でこれもカードなどを持っていない人がよく使う方法になります。

 

ちなみに代金引換は324円かかるので、送料の400円と合わせると700円かかります。

 

なので余計にお金を支払いたくない人は、amazonギフト券やクレジットカードの方が便利に払う事が出来ますよ。

 

おすすめはamazonギフト券

 

ちなみに私はamazonギフト券をおすすめします。

 

やはりamazonギフト券は非常に便利で、買った後に登録するだけでその分の金額が使いたい放題です。

 

基本的に学生やフリーター、専業主婦などはクレジットカードの審査が厳しいのですぐ使うんだったらamazonギフト券の方が使いやすいでしょう。

 

一部地域では出来ない

 

ちなみに、amazonギフト券で注文したのになぜかお急ぎ便が出来ない。そんな人がいます。

 

そう言った人は一部地域の対象になっていて、配達をしてくれないことがあります。

 

一部地域と言うのは沖縄や離島など配達が困難になっている所だけ。そんな風に思いますが普通の地域でも実はamazonがお急ぎ便が出来ない範囲になっている可能性があるでしょう。

 

実際私も、沖縄でも離島でもなく普通の地域に住んでいますが、なぜか時間指定配達が出来なくなっていました。

 

時間指定配達は仕事で家にいない私からすると、ありがたい機能でしたが最近になって一部地域になったのか、時間指定便の項目がなくなっていることに気づいたのです。

 

なので、もしかするとあなたも一部地域の人になった可能性がありますよ。

 

カードが持てない人でもカード払いをする方法

 

では次に、カードが持てない人でもカード払いが出来る方法を書いていきます。

 

私の経験ですが、最初にamazonギフト券を買っていると「わざわざコンビニまでいって払うのがめんどくさい」とだんだん思うようになっていきます。

 

実際私も今はカード払いですし、カードを作ったのもフリーターの時だったので実際はやり方さえわかれば誰でもカードを作る事が出来ますよ。

 

Yahooカードを作る

 

最初におすすめなのがYahooカードです。

 

Yahooはニュースサイトとして有名ですが、実はカードも作れてしまいます。

 

しかもYahooカードは基本的に審査が緩く、カード会社に借金をしたことがある。そんな人じゃない限りは審査を通る事が可能になるでしょう。

 

ちなみに、項目にキャッシング(お金を借りることが出来る)をすると言う項目はしないという選択にしておきましょう。

 

いくらYahooカードでも借り入れをする事になると、信用がない人じゃないと審査が厳しくなるので、そこは借入をしない選択にしましょう。

↓↓↓

【Yahoo! JAPANカード】

 

デビットカードを作る

 

次におすすめなのがデビットカードです。デビットカードとは簡単に言うと即金で落ちるカードの事です。

 

たとえばクレジットカードなら、使った時の締め日に落ちることが多いですが、デビットカードは使った瞬間に口座からお金が引き落とされます。

 

なので、口座にある分しかお金を使えないため、借金をする心配もなく誰でも安心して使えるカードとして広がっています。

 

そのため、デビットカードを作る時の審査は緩く、18歳以上ならだれでも作る事が出来るでしょう。

 

ちなみにデビットカードを作る時は、私は住信SBIネット銀行という所で作りました。

 

ネット銀行というのは通帳がなく、お金の管理を全てネット経由でする銀行です。

 

もし聞いたこともない銀行にお金を預けるのが怖い。そんな人は知名度のあるYahooカードで作った方が良いでしょう。

 

Vプリカを使う

 

これはちょっと特殊な方法ですが、Vプリカと言う物があります。

 

簡単に言うとamazonギフト券とほとんど変わらないです。Vプリカもコンビニでカードを買って使うようにする方法なので、amazonギフト券とほぼ同じと考えて良いです。

 

では何が違うのか?それはVプリカはネットの支払い全般に使えることです。

 

amazonギフト券は、どうあがいてもamazonの支払いしか使えません。ですがVプリカはVIZAカードと同じ扱いです。

 

VIZAカードが使えるネット支払いだったら、どこでも使えるというサービスなんです。

 

だからVプリカをamazonでも使えるし、楽天でも使える。これがVプリカに魅力になりますよ。

 

Yahooカードを1回作れば楽になる

 

カードを作るのだったら、一度Yahooカードを作ってしまえばだいぶ楽になりますよ。

 

最初に言ったように、amazonギフト券をずっとコンビニで買うと言うのもめんどくさいです。

 

たとえば「これ欲しい!よし迷わず買おう」と思ってもギフト券の残高がなかったら買う事が出来ません。

 

しかも買うにはコンビニに行かないといけないので、夜にamazonで買い物してる時なんて「残高が足りないから面倒だけど、明日コンビニにいって買うか」となります。

 

もちろんVプリカも同じで、買いに行くのが面倒なのが弱点になります。

 

ですが、一度カードを持つと口座にお金を沢山預けておけば、わざわざ買う必要がないです。

 

しかもお金を預けておけばすぐに使う事が出来ます。

 

なので、ちょっと面倒ですけど一度作ってしまえばamazonだけじゃなく、他のネット支払いが楽になるのでおすすめしますよ。

↓↓↓

【Yahoo! JAPANカード】

 

まとめ

 

お急ぎ便はちょっと特殊でコンビニ払いが出来ないです。

 

なので今までコンビニで支払ってきた人からすると、ちょっと厳しい事になるでしょう。

 

なのでお急ぎ便を頼みたい人は、今回紹介した方法でぜひやってみて下さい。

 

欲しいものがすぐ届く快感は中々のものですよ。

 

関連記事:amazonプライムが素晴らしすぎる12個の特典

関連記事:amazonの送料を無料にする4つの裏技