ニート

ガチニートの1日のスケジュールを暴露!ニートの驚くべき生態とは?

 

 

ニートって普段何しているの?と疑問に思う人は沢山います。

 

確かにニートになったことないと、1日をどうやって過ごすのかが分からない事が多いでしょう。

 

そこで今回はニートを体験した私がニートの1日のスケジュールを紹介しましょう。

 

昼の12時に起床

 

ニートの朝は遅い。ニートというのは基本的に夜型の生活を送っているため昼に起きることが多いです。

 

特に私は20歳の時に仕事を辞めてニートになったため体力があり余っています。

 

寝るのにも体力が必要なので、20代の時にしか昼まで寝れない人が多いでしょう。

 

ニートの時の生活は昼の12時が基本で遅くなると昼の1時以上寝る事もありました。

 

昼の1時にご飯を食べる

 

起きてから1時間はテレビをみるかスマホでネットをみて過ごしています。

 

その時間が大体1時間で1時間立つと昼ご飯を私は食べます。

 

昼ご飯は外食なんかできませんし、自炊だってできないので家に置いてある菓子パンか冷凍のチャーハンをよく食べていました。

 

よくカップ麺を食べる人がいますが、私はお湯の沸かし方すらわかっていない生活力がまるでないタイプのニートだった為カップ麺は作れるはずがありません。

 

昼の2時からハローワークに行く

 

そしてお昼ご飯を食べたらニートの仕事、就職活動が始まります。

 

就職活動は基本的にハローワーク。というか情報が少なかった私はハローワークしか使う事を知らずにとりあえず行っていました。

 

ハローワークで就職活動をしますが、仕事を辞めたばかりの私はあまり就職する気がなくハローワークでてきとうに時間を潰して帰宅します。

 

だいたい1時間くらいハローワークでてきとうに仕事を検索して終わりますね。

 

昼の3時に帰宅

 

1時間の就職活動が終わったらまっすぐ帰宅します。

 

ニートというのはお金がないためコンビニで買い食いをする事も出来ませんし、漫画やゲームを買う事も不可能です。

 

しかも昼の3時は近所の小学校の授業が終わる時間で、子供たちが下校する時間でもあります。

 

小学生の子たちと一緒に帰るというのは非常に精神的にきついため本当にまっすぐと一目散に私は帰っていました。

 

3時~6時までスマホで遊ぶ

 

家に帰るとやることがありません。

 

本当は求人の情報をネットでみたり、面接の練習などをやるべきかもしれませんがニートというのは基本的にやる気がないためそんなことはしません。

 

ですが暇でやる事がないため夕食の時間までスマホを使って遊びます。

 

基本的にネットをみたりアプリをやって私は時間を潰していました。

 

ネットは無料ですし、アプリも基本無料のアプリが沢山あるため暇つぶしには苦労をしませんでした。

 

6時にご飯を食べてお風呂に入る

 

夕方の6時になると親が帰ってきてご飯の用意をする為、夕飯が食べれます。

 

もちろん生活能力の無い私は家事を一切手伝いません。

 

そもそもニートの最大の敵は親です。たとえば親が「就職活動はどう?」と聞かれるのが私は一番嫌いです。

 

就職活動っぽいことはほとんどやっていないため報告する成果もないのでこの質問はニートにとって最大の攻撃力を持つ武器です。

 

ちなみに夕飯は家族と話したくないので、出来るだけ早く食べて自分の部屋にこもります。

 

夜の7時からスマホをいじる

 

夕飯を食べてお風呂に入るとまた暇になります。

 

その時はまたスマホでネットかアプリです。

 

「そんなにやって飽きないの?」と思う事がありますが、飽きることはないです。

 

まずスマホで最新のニュースをチェックして2ちゃんをみます。ニュースと2ちゃんは1つの記事をみると関連記事が絶対に出てくるため気になるものがあったらその記事をみる。

 

そしてまた関連記事が出てくるので気になるものをみる。それの繰り返しで3時間は余裕で時間がなくなります。

 

そしてネット検索に飽きたら次はアプリをやる。アプリが飽きたらまたネットをみる。それの繰り返しで生活をしています。

 

深夜3時までスマホをいじる

 

そしてネット検索とアプリの繰り返しで気づいたら深夜の3時までなっている事が多いです。

 

そうなったら私は寝ることにします。

 

夜の7時から深夜3時なのでだいたい8時間はずっとスマホをいじっている事になりますね。

 

普通の人には理解できない生活ですが、ニートの人はとにかくネットが大好きなのでこれくらいは普通にやりますよ。

 

ニートスケジュールの特徴

 

ほとんど家に出ない

 

ニートのスケジュールの特徴はほとんど家に出ません。

 

ニートは家に出ることを恐れています。私も正直ハローワークに行く事すら怖いと感じることが多かったです。

 

しかも平日の昼間からブラブラしていると思われたくないので、極力家に出ないで生活をするのがニートの特徴です。

 

基本的に何も買わない

 

ニートはお金がないので基本的に新作の漫画やゲームを買えません。

 

稀に親からお小遣いを貰ってる人がいますが、私の家庭ではそんなに甘くありませんでした。

 

ですが毎月の携帯代は出してもらえたので、それで何とか生活をする事が出来ています。

 

やることないからスマホでネット

 

ニートは就職活動以外何もやる事がありません。就職活動はしますが先ほどのスケジュールを見てわかる通り1時間程度しか就職活動をしません。

 

それ以外は何もやる事がないためスマホでネットをする事が少ない楽しみです。

 

ネットは常に新しい情報が流れているため、常に新鮮な気持ちでネットを使う事も出来ます。

 

 

ハローワークには行くけど就職する気がない

 

ハローワークには平日に毎日いきますがぶっちゃけ就職する気が全くないのがニートの特徴です。

 

私も仕事を辞めて1か月目くらいはやる気がありましたが、日にちが経つにつれて就職する気がなくなっていきニート生活をエンジョイするようになっていました。

 

だから1時間程度しかハローワークにしかいきません。

 

本当だったらもっとやるべきことは沢山あるはずでした。

 

ハローワークだけじゃなくて転職エージェントを使ったり派遣会社でも全然良かったです。

 

今思うと凄い下手くそな就職活動をしてしまったと心から思っています。