ニート

ニートから復帰するために確実に聞いて欲しい凄いアトバイス

 

ニートから復帰するのは非常に苦労が必要です。

 

ニートになりたての頃は、いつでもニートから抜け出せる。そんな風に思っていましたが実際なってみるとドンドン沼にハマる始末。

 

その間働く事が怖くなったり、就職に対して不安を覚える事もあるでしょう。

 

そこで今回は実際にニートを脱出した私と、元ニートの人たちにアンケートを取りニートから復帰するためのアトバイスを送ろうと思います。

 

ゆっくりと進もう

 

ニートから早く復帰したいからと言って焦ってしまう人もいます。

 

確かに家庭の事情などで早く復帰したい気持ちは分かりますが、それでは意味がありません。

 

たとえば嫌な職場をせっかく辞めてニートになったのに、またブラック企業に行ったら精神的に壊れてしまいます。

 

そうならないようにまずはゆっくりとニートから復帰する事をおすすめします。

 

バイトから始めてみよう

 

ニートになった人はいきなり正社員に復帰しようとする人が多いです。

 

確かに仕事のやる気がある人はそっちの方が良いですが、精神的に辛くなってニートになった人はバイトから始める方が良いでしょう。

 

バイトになると空白期間が気になってしまうかもしれませんが、空白期間よりゆっくりと社会復帰する事の方が大切です。

 

それに別に正社員にならなくても人生は終わったりしません。

 

むしろ無理に正社員になってうつ病になるよりぬるま湯でも良いので、バイトをやって自信をつける方が結果的に早く復帰が出来ます。

 

派遣社員をやってみよう

 

バイトのほかに派遣社員をやるという方法もあります。

 

派遣社員の良い所は単発だったり短期だったりと、いきなりフルタイム勤務をしなくても良い所です。

 

派遣社員にもフルタイム勤務はありますが、どちらかと言うと短期の派遣の方が多かったりします。

 

なので最初は1か月くらいの短期派遣をやってからフルタイムに挑戦してみるなど、ゆっくりと社会復帰する事が大切になります。

 

何度も言いますが、無理して働くより確実にゆっくりと歩いた方が結果的に早く社会復帰は出来るでしょう。

 

転職エージェントに相談しよう

 

個人的にニートがいきなり正社員になる事はおすすめしませんがどうしても正社員になりたい人もいます。

 

確かに私もニートになって最初の頃は正社員に憧れを持っていましたが、それでブラック企業に行ったら何も意味がないです。

 

だから転職エージェントという、転職について相談できるサービスに行ってみると良いでしょう。

 

転職エージェントは求人の紹介や面接の練習など、内定を貰うための支援をしてくれるもので1人でハローワークに通うより10倍以上は効率よく転職活動が出来ます。

 

しかもサービスは全て完全無料出来る為、たとえ転職しなくても相談するだけでもこちらに不利益は起こりません。

 

職歴や学歴がないニートでも相手にしてくれる?と思う人もいますが、ニート向けの転職エージェントも沢山あるためそちらを使ってみるのも良いでしょう。

 

たとえば若者正社員チャレンジという所はニートやフリーター向けのエージェントですし、ジェイックというエージェントは10日間のセミナーがあり、それを学ぶことで精神的に鍛えることが出来て、本気でニートから脱出が出来るでしょう。

 

 

低望みをする

 

ここからは方法ではなく精神論になります。

 

低望みとは高望みの逆で贅沢を何も望まない事です。ちなみにこの言葉は私が勝手に作ったものです(笑)

 

人間というのはどうしてもあれが欲しいこれが欲しい、地位が欲しい名誉が欲しいと色々な物を欲しがってしまいます。

 

そうやって色々な物が欲しいと思う事で、仕事でも頑張れるのですが欲というのは永遠に終わりません。

 

たとえば年収を500万円にしたいと頑張ってそれを達成する。そしsて次は年収800万円、次は年収1000万円とずっと欲が終わりません。

 

そして永遠と続く欲のせいで、いつまで経っても幸せになれず苦しくなるだけの毎日が続きます。

 

ニートも同じです。立派な仕事をしたいとか年収が高い仕事をしたいとかそう言った事を願っていると、理想と現実のギャップに苦しんで転職活動が上手くいきません。

 

そうならない為にとにかく下を望みましょう。年収も150万くらいで良い、簡単な仕事で良い、世間てでは悪く言われている仕事でも良い。

 

こんな感じにドンドン下をみると転職活動がやりやすくなりますよ。

 

贅沢をしない

 

人は贅沢をしたいと思うからいつまで経っても幸せになれません。

 

たとえば年収が1000万円の人でも実は毎月の家計がギリギリで貯金すらできない。そんな人がいます。

 

貯金が出来ない理由としては、年収が上がると同時に生活レベルも一緒に上がってしまうからです。

 

年収が200万円の時は家賃8万円の家に住んでましたが、年収が1000万円になったら家賃50万円の家に住んだり高級車を沢山買ったり、毎日高級レストランで外食をしたりと生活レベルが上がってしまい貯金が出来なくなります。

 

こんな生活をしてお金がないなら、年収200万円の時と何も変わりません。

 

ちなみに詳しく書いてある記事もあるので引用します。

 

年収が1,000万円を超えると、立場の変化や責任感・見栄などから、自分では意識しないうちに支出が増えてしまい、それが貯金できない原因となっている場合があります。

例えば、よくあるのが、住居費が収入に比べて高すぎるケースです。家族への責任感、タワーマンションへの憧れなど理由はさまざまですが、住居費(賃貸の場合は毎月の賃料、持ち家の場合は毎月のローン支払い)が月々の手取り額の30〜40%もする場所に住み始める人もいます。

また、年収1,000万円を超えると、ある程度の地位や立場の人が多いため、若い頃に比べ交際費も知らず知らずのうちに増えていきます。

社外の人との付き合いもあるし、部下の悩みを聞くため一緒に飲みに行くこともあるでしょう。こういった交際費は、20代ならある程度自分で調整できますが、立場が上がるにつれ意識して節約することが難しくなる項目でもあります。

引用元:年収1000万円の人でも貯金が出来ない人の生活習慣とは

 

だったら最初から贅沢をしないと心に誓えば、どんな生活だって出来る様になります。

 

年収が150万円でも贅沢をしない方法で楽しく暮らすことが出来ればそれで充分です。

 

先ほど言ったように高望みではなく下望みをする事で、どんな仕事でも出来る様になるためニートが社会復帰する時に非常に役にたちますよ。

 

結局ニートが社会復帰が出来ない理由が、働く事が怖かったりプライドが高くて仕事を制限する事ですから。

 

人には出来ない事もある

 

よく人は「努力すればなんでもできるようになる。」そんな事を言いますが人にはできない事の方が多いです。

 

ですが出来ない事を無理に出来ると思い込むせいで、心が余計に苦しくなるでしょう。

 

だから無理に難しい仕事はしなくても良いです。簡単な仕事がしたいなら素直に工場の軽作業の仕事を探してほしいです。

 

人と話したくないなら、倉庫で商品の棚卸をすると言う仕事もあります。

 

とにかくニートが社会復帰するためには、とにかく背伸びをしない事です。とにかく簡単な仕事から探してみて下さい。

 

ちなみに元ニートの人たちにアンケートを取り、社会復帰の時にやった仕事を紹介した記事もあります。

 

もし仕事選びに悩んでる人は、その記事を貼るのでぜひご覧ください。

↓↓

ニートに本当におすすめの仕事まとめ!ガチのニート経験者が推進

 

限界まで待ってみる

 

こんな事を言うのは何ですが、人というのは本当にヤバい時にしか動かない生き物です。

 

たとえばニートだったら親が仕事を辞めてお金がなくなるとか、親が仕事をクビになって給料がなくなる。最悪の場合親に追い出されると言う事も考えられます。

 

そう言った極限のピンチにならないと、ニートが復帰する事は出来ないこともあるでしょう。

 

だからあえて、限界まで待ってみると言うのもありです。

 

限界まで待って本当にヤバくなった時の自分の行動にかけてみるのも1つの方法ですよ。

 

元ニートたちの意見

 

ではここからは色々な人たちに聞いた、ニートから抜け出すためのアトバイスを紹介していきましょう。

 

 

私は、スーパーの試食を食べて勧められたら嫌々買ってしまうような押しの弱い人間でした。

でも試食販売をしてみてわかったことは、「断られても、勧めた側は別段気にしていない。」という事です。

ネチネチと8時間断った客について考えていたら仕事にならないからです。
これは、人間関係にも通じることがあって、結局私は今まで人の顔色を気にし過ぎていたのかなと過去を省みてしんみりする事があります。

もしも、人が嫌いで動けないのなら在宅でできる仕事を探してみたら良いかもしれません。

お金を少しでも稼げたら、とりあえず自信が少しつきますよ。
多分、自信満々なニートはニートを復帰しようとは思いませんしね。
自信が少しついたら恐怖心が和らぐはずです。

きっと、少しずつ動けるようになりますよ。

35歳女性:スーパーの販売員

 

 

二ートになってしまった背景には、それぞれ何かしらの事情を持っているのです。

ところが、家族だけでなく学生時代に目標に向けて一緒に頑張っていたかつての仲間から、小言を言われたりすることがあるのです。

本来なら、自分の人生なのに他人があまり介入していないで欲しいと思うこともありますしね。
ニートから復帰する方法は、やはり何でもポジティブ思考で生活することが大切だと思います。

ついつい現実に甘えていたら、いつまで経ってもニートからは復帰できません。
しかし、人は突然にその習慣を変えることが難しいので、まずはできそうなことから行動するのが、ニートから復帰する最善な方法だと思いますね。

 

43歳男性

在宅ワーカー

 

 

一人で考え込まないこと、あえて後に引けない状況を作ることが大事です。
私は再就職を考えた時、はじめはネットやフリーペーパーを見て仕事を探していました。

誰もが簡単にできる仕事探しですよね。でも一度社会の厳しさに打ちのめされた身としては、これがかなりきつかったんです。

一人でやっていると、過去の仕事での失敗や自分のダメさを再認識してしまって、なかなか一歩踏み出せなかったんです。

これではだめだと思って友達に話したり、ハローワークで相談したりしました。

誰かに思いを話すことで自分が何を考えているのかに気づくこともあります。
ハローワークや転職サイトで担当の人と相談しながらなら、アドバイスももらえるし、面接までトントンと話が進むことも珍しくありません。

周りの力も借りながら就活していくことが大切だと思います。

 

32歳女性:歯科受付

 

 

いまニートになっている人の中には様々な事情があってニートになっている人が多いと思います。就活のことであったり、単純に働きにでたくない方もいらっしゃるかもしれません。

まずは自分にあった方法や形態で探してみることをお勧めします。誰かのために働くのではありません。あなた自身のためにどうか働いてほしいのです。

どうしても経験、体験しないとわからないこともあります。今後すぐに役にたつかはまだわかりませんが、貴方が身をもって体験して得た経験は誰も全く同じ経験はできません。

その貴重な財産をいつかくる未来のあなた自身のために蓄えるというスタンスで臨んでいったらいいとおもいます。

 

25歳男性:コンビニバイト

 

 

復帰をする際はのほほんと今日の夕食はハンバーグを食べたいな程度の考え事をしながら仕事を決めるのがベストだと思います。

ニートから復帰してしまえば、今では私こんなニートだったんだと笑い話の一つになりましたし、人の知らない苦労をしたからこそ人間味の溢れる人間になれたと思います。

ですから、ニートも一つの経験値と捉えて、前を向いて一歩を踏み出しましょう。自分で稼いだ金で食べるケーキや食事はとても美味しいです。

女性21歳

塾講師のアルバイト

 

 

働きたくない理由は人それぞれあると思います。

その理由のウェイトを占めているのが人と関わりたくない、というものであれば新聞配達をしてみるのは如何でしょうか。

大変なこともたくさんありますが人と関わる機会は非常に少なく、一人で配達するようになれば自分のペースで仕事をすることができます。

新聞配達以外でも、今の世の中探せば意外と人付き合いの少ない仕事というのはあると思います。ニート復帰を目指す方、どの仕事も慣れるまで大変だと思いますが頑張りましょう。

32歳男性

新聞配達

 

まとめ

 

最後に私の意見を言わせてもらいます。ニートから復帰するアトバイスはゆっくりと自分のペースで就職活動をする事です。

 

ニートから復帰したいと思って焦ってしまうと何も良い事がありません。

 

ブラック企業に入社する事もあるでしょうし、下手をすると精神的に壊れて前より酷い状況になる事もあります。

 

それを回避するために、ゆっくりでも良いので確実な就職活動をしてみましょう。