ニート

ニートが就職で成功するには2ちゃんを観るより動いた方が良い理由とは?

 

 

ニートの時に就職しようとすると、つい2ちゃんを見てしまうことってないですか?

 

私も同じことをしたので分かりますが、就職に不安がある時につい2ちゃんなどネットを見てしまうことがありました。

 

しかしみた私が言うのもなんですが、2ちゃんは就職活動中は見ない方が良い。これが断言できます。

 

2ちゃんを見てはいけない理由は?

 

罵倒で心が痛む

 

まず2ちゃんと言うのはネットの黒い部分だけをかき集めたブラックホールみたいなものです。

 

ネットと言うのは匿名で入力できるせいもあって、本来言えなかった悪口などが言いやすくなっているでしょう。

 

そして2ちゃんと言うのは悪口を一番言いやすい場所でもあります。

 

  • 馬鹿
  • 死ね
  • 消えろ
  • 生きてる価値なし
  • 黙れゴミ

 

などなど、Twitterなんかよりも酷い状態です。

 

なので就職の事を調べても中々酷いものです。

 

なんの根拠もないのに、「25歳以上のニートは内定は絶対貰えない」とか「一度ニートになると社会復帰不可能」「ニートは社会のゴミ」などヤバい言葉が沢山書いてあるでしょう。

 

そんな書き込みをみたら当然ですが、凹みます。ネットの悪口は気にするなと言われても実際みてみると相当凹んで傷がつきます。

 

そうやって悪口をみたせいで就職活動のやる気が下がるのは非常に悪い事です。

 

就職をした人の話を聞いて落ち込む

 

次に問題なので就職が出来た人の体験談です。

 

2ちゃんに多いのはニート関連の書き込みが多いです。しかし中にはニートから就職を決めて社会復帰した人の体験談も書きこんであることも多いです。

 

たとえば就職したのは良いけどもう「ニートに戻りたい。」そんなタイトルの書き込みが実は沢山あります。

 

  • 残業
  • 人間関係
  • 仕事内容

 

色々な事に悩み、ニートの方が良いと言った書き込みをみるとあなたは就職する気がなくなるでしょう。

 

ちなみに2ちゃんでは就職に無事成功して「内定貰って人生楽しすぎワロタwwww」と言う逆に就職して良かったという書き込みもありますがこれも良くありません。

 

そう言った就職して良かったという書き込みを見ると「こんな奴も就職できるのに俺なんて…」と落ち込んでしまうので注意が必要でしょう。

 

やたらと絶望させる人がいる

 

2ちゃんの書き込みに多いのがやたらと人生を絶望に落とす人です。

 

  • 人生詰んだ
  • ニートから社会復帰は無理
  • どこも雇ってくれない

 

などなど2ちゃんを見るとニートなんて就職は無理なんじゃないのか?と絶望的になる事があります。

 

実際はそんな事もないですが、ネットの書き込みはやたらと大げさに書く事が多いため、絶望の闇に叩き落とされる様にみえます。

 

そんな書き込みを見ても就職する気がなくなるため、要注意です。

 

人は明るい情報より暗い情報が残る

 

もちろん2ちゃんにも本当に有益でしかも元気になる書き込みだってあります。

 

しかし2ちゃんは元々ネットの闇をそのまま出したようなサイト。だから基本的にネガティブな記事が多いです。

 

しかも人間と言うのは明るい事より暗い事の方が記憶に残りやすいです。

 

たとえば100円を拾った時の喜びと、100円を落とした時の悲しみは、100円を落とした時の方が圧倒的に記憶に残ります。

 

なので2ちゃんで元気になれる記事を読んでも、ネガティブな記事を1つ読むだけで一気に気分が暗くなってしまいます。

 

ニートでも使いやすい就職支援サービス

 

では2ちゃんをみて就職活動をしてる人のために、ニートでも使いやすい就職支援サービスを紹介します。

 

ハローワーク

 

まず定番ですがハローワーク。

 

ハローワークは2ちゃんではボロクソに叩かれていて、2ちゃんだけではなく普通のネットサイトでも良い事が書かれていません。

 

ちなみに私もハローワークは嫌いですがそれでも圧倒的な敷居の低さによる使いやすさがあります。

 

ハローワークは正直良い求人がありません。

 

下手をすると10個の求人の中で1個しかましな求人がない事もあるでしょう。

 

しかし企業も労働者も気軽に使えるため、求人数や利用者は圧倒的に多い。しかも全国どこでもあるため転職サイトなどによくある「俺の住んでる所は地方だから求人数が極端にない」と言う事もあまりないです。

 

ブラック企業は多めですが、使いやすさと敷居の低さは一番と言えるサービスです。

 

タウンワーク

 

タウンワークはコンビニなどで無料で配っている雑誌です。

 

タウンワークはバイトの求人が多め。そんな印象がありますが実は正社員の募集も少しだけですがあります。

 

求人数は少な目なので、場所などに限りがありますが狙ってみると良いでしょう。

 

タウンワークはコンビニや駅などで無料配布されているのでぜひ探して、使ってみて下さい。

 

派遣会社

 

ニートが一番やってはいけないこと。それはいきなり無理をする事です。

 

多くの人は長いニート生活に嫌気がさして就職しようとしますが大半は正社員を目指してしまいます。

 

確かに正社員は安定してるし、「早く正社員にならないと一生非正規」と言う考えもあるので気持ちは分かります。

 

しかし長い間働いていない人がフルタイムで、働こうとしたら精神的に疲れてしまうでしょう。

 

だから派遣社員でまずは様子を見る事をおすすめです。

 

派遣社員だったら1日だけとか1週間だけなど短期のものが沢山ありますし、簡単な作業が多いため難しい仕事はしたくないという人におススメ出来ます。

 

それに派遣社員だったら割とすぐに就職が決まりますよ。軽作業くらいだったら学歴も職歴も関係なく雇ってくれる所が多いため、ニートの復帰に役に立ちます。

 

親の紹介

 

もし親が紹介してくれるなら、それも使ってみると良いでしょう。

 

就職する時は「俺の力で何とかしないと」と思って全て1人の力で何とかしようとしますが、本当に就職したいなら手段を選んでる場合ではありません。

 

もし親の紹介を期待できるなら素直に甘えた方が良いでしょう。

 

転職エージェント

 

転職や就職と言った検索をすると必ず出てくるのが転職エージェントです。

 

転職エージェントは、無料で求人の紹介や面接の練習をするなど支援してくれるサービスです。

 

ちなみにニートの人に転職エージェントを進める理由は、生の情報を知ってほしいからです。

 

ニートになると情報源が全てネットになってしまいますが、それだと情報が偏りすぎることが多いです。

 

たとえば極端な記事だと「22歳でニートになったら再就職は無理」という事が書いてあります。

 

22歳なんて可能性の塊で、正社員に就職する事なんて余裕で出来るでしょう。しかしネットの偏った情報のせいで、20代前半の人でも就職を諦めてしまう人がいます。

 

そうならない為にも転職エージェントにいき、今ある生の就職情報を聞いて欲しいです。

 

ちなみに転職エージェントは、一番大手のリクルートエージェント。または若者正社員チャレンジというニート・フリーター向けのエージェントが一番おすすめになります。

 

安心安全を求めるならリクルートエージェント。ニートだから相手にされるか不安。そう言う人なら若者正社員チャレンジがおすすめです。

 

リクルートエージェントはこちら!

 

若者正社員チャレンジはこちら!

 

2ちゃんを見るなら動いた方が不安は減る

 

私もニートの時に2ちゃんを沢山みたので人の事を言えませんが、2ちゃんを見るくらいなら就職のために沢山動いた方が良いです。

 

2ちゃんをみてると不安が余計に増して逆に何も出来なくなります。しかし何も知らないまま就職活動をした方が案外上手くいくため、余計な情報をみない。

 

これがニートが就職に成功するためにもっとも大事なことでしょう。

 

ちなみにアンケート調査をして、ニートから復帰した時のおすすめの仕事をまとめた記事があるため仕事選びに悩むひとはぜひそちらもご覧ください。

↓↓

ニートに本当におすすめの仕事まとめ!ガチのニート経験者が推進