エッセイ本

20代の私が中古本に全く抵抗がない理由

 

中古本を買うのに抵抗がある人は「なんで中古本なんて買えるの?」と思っている人も多いです。

 

実際ネットだと本は新品派と中古派で戦っている事も多く、キノコの山かたけのこの里かくらい意見が分かれる事でしょう。

 

そんな中私は中古本を買うのに全く抵抗がありません。むしろ中古本万歳!ドンドン買うよと思ってるくらいです。

 

そこで今回はなぜ私が中古本に抵抗がないのか?中古本派の代表として答えていきましょう。

 

安く買えるから

 

一番の理由は安いから。個人的に中古本を買う80%の理由がこれです。

 

ブックオフに行くと600円の本が300円になっていますし、下手をすると100円で売っている本も珍しくありません。

 

新品の漫画を10冊買うと6000円以上しますが、中古本なら半額の3000円で済みます。極端な話100円の本なら1000円前後で本を買う事が出来るでしょう。

 

やはり安いというのは正義です。人は皆安いという言葉に弱いです。

 

たとえばバーゲンのセール品などに行くと、本来買わないような商品を買う事があるでしょう。

 

それをなぜ買うのか?それは安いからです。安いお陰で人間はついいらないものまで買ってしまう心理があるのです。

 

コレクションをしない

 

本が大好きな人は本棚に自分の好きな本を並べてコレクションにする。そしてその本を大切にする人が多いでしょう。

 

実際私の友人も漫画が大好きで友人の部屋には本棚に収まらないほどの漫画が大量にあります。

 

しかし私は基本的にコレクションをしません。「本当に大好き!!」という本なら残していますがそれ以外の本などはすぐに売ってしまいます。

 

漫画だって10巻まで読んで飽きたら続きがあってもすぐ売ってしまうし、ビジネス書などは本当に心に残ったもの以外はポンポンと売ります。

 

だから汚くても何も問題はありません。だってすぐ売ってしまうので。

 

読めれば良いやと思ってる

 

個人的にどれだけ中古本が汚くても読めればそれで良いやと思ってしまいます。

 

中古本に抵抗がある人は、本が破れてたり知らないおっさんの汚い手が触ったものが嫌なんて言う人もいますが、個人的には多少破れていても意味は伝わるので気にしません。そもそもそこまで酷い状態の本に出合った事がありません。

 

ちなみにビジネス書などは下の画像のように書き込みがある物もありますが、個人的に書き込みより付箋派なのでそこまで書き込みは気にしません。

 

しかもこんな事を言うのもなんですが、書き込みをしたり付箋をしても2日経つと「なんでここに付箋したの?」と忘れてしまうので何も意味がないんですよね?

 

もちろん書き込みもすぐ忘れるので何も意味がないと私は思っています。

 

物が多いのが嫌い

 

私は物が多くて部屋がゴチャゴチャしてるのが嫌いです。

 

よくテレビでゴミ屋敷特集なんかやりますが、ああいった物が多い家をみると「なんでこんなところに住めるの?」と思ってしまうくらいです。

 

ちなみに私の実家は物が多く、親のコレクションと姉のコレクションで家が窮屈になっています。

 

ちなみに私は男性ですが、物をコレクションする人の気持ちが全く分かりません。

 

時々テレビで彼女が彼氏のコレクションを勝手に捨てて、喧嘩をするみたいなシーンがありますが個人的に女性の気持ちがよく分かります。

 

あんなに物を置いたらイライラしますし、「1つ捨ててもバレないだろ」と思ってつい捨てる女性の気持ちが分かってしまうくらいです。

 

これは本も同じです。本当に好きな本以外はすぐ売ってしまうため、新品で買うより中古で買った方が安上がりで済むので都合が良いです。

 

収入が少ないから

 

私はアルバイト生活なのでぶっちゃけ収入は少ないです。

 

そのせいもあってか、本を新品で買う事が出来ません。

 

本って1冊は安いですが、何冊も買うとなるとそれなりに高くなるため実は高額な趣味でもあるでしょう。

 

たとえば漫画が1冊600円。その漫画が大人気の連載で10巻以上もある。一気読みしたくて全部買おうとすると6000円もかかってしまいます。

 

6000円ってゲームソフト1本買うより高いので、そう考えるとかなり高い買い物になってしまいます。

 

そう言った収入の少なさのせいで、中古本が好きになっているのです。

 

amazonの中古本が綺麗だから

 

中古本は汚いという人が多いですが、それはブックオフの話です。

 

実はamazonなどのネット通販だと比較的新品に近い状態で、本を買う事が出来ます。

 

私はamazonもよく使いますが、amazonのって中古本ってブックオフより状態が良くて好きですよ。

 

ただアマゾンの場合送料で200円~300円のお金が必要なので、ブックオフみたいに100円の本を買う事は出来ませんけど。

 

ちなみに下の漫画はamazonで1円で買った本ですが外見も中身も新品と同じで、ブックオフで買うより断然お得感がありました。

 

大好きな作家の本は絶対に新品

 

中古本好きの人は全ての本を中古で買うわけではありません。

 

本当に好きな作家の本は新品で買いますよ。

 

私も好きな漫画家さんや好きなビジネス書の著者など、絶対に新品で買いたいという人は何人もいます。

 

本当に好きな人には新品の本を買って印税をあげたいし、好きな作家の本が汚れているとテンションが下がりますからね。

 

ただその他の「この人の新作出たんだ」くらいに思ってる人は中古本で買います。

 

kindleで無料で読む事もある

 

最近はkindleアンリミデッドという定額で読み放題になるサービスでも本を読んでいます。

 

月額980円と安くはないですが、1冊ビジネス書は自己啓発本を読むだけでも十分元がとれる計算になっています。

 

もはや中古本ところか無料で読むという私のケチっぷり。

 

まとめ

 

中古本に抵抗がない理由をまとめると

 

  • 安く買えるから
  • すぐ売るから

 

この2つの理由が私の中では大きいです。

 

私はいらない物はドンドン売って、出来るだけ部屋のものを少なくしたい人間なので、中古本でサッサと読んで売る。これをとにかく繰り返しています。

 

ただ勘違いして欲しくないのは、本当に好きな作家さんの本は絶対に新品を買いますよ。