ニート

ニートが家にいてもお金を稼げる9個の方法

 

ニートになると「家にいながらお金が欲しい」そう言う風に思う時があるでしょう。

 

私もニートを体験したので分かりますが、ニートになると家で稼ぐ方法を色々考えてしまいます。

 

そこで今回はニートが家で出来る。または働かないでお金を貰う方法について書いていきます。

 

アンケートで稼ぐ

 

まず一番簡単なのはアンケートに答えてお金を貰うことです。

 

クラウドワークスというサイトなどは、簡単なアンケートに答えるだけでお金が貰えます。

 

もちろん単価は低いですがニートには時間が沢山あるため、複数のアンケートサイトで答えれば月に2000円を稼ぐ事も出来ますよ。

 

お金が貰えるゲームサイトで稼ぐ

 

ポイントサイトと言って先ほどのアンケートサイトと似てる所はありますが、ゲームをしてそれを現金に変えるサイトも存在します。

 

こちらもアンケートと同じで単価が安いため、頑張っても月に3000円くらいが限度です。

 

しかし多少のお金を稼ぐ事なら十分できるでしょう。

 

サイト運営で稼ぐ

 

サイトを運営して沢山の人を集めることが出来れば広告収入などでお金が貰えます。

 

Yahooニュースをみると分かりますがあちこちに広告が貼ってあるのが分かりますよね?

 

サイト運営ではそう言った人を集める記事を書いて、お金を貰うという稼ぎ方も出来るでしょう。

 

ちなみに私のサイトもソコソコのアクセスがあり、月に3万円とあまり多くはないですが稼ぐ事が出来ています。

 

Webライターで稼ぐ

 

最近はネット記事が沢山出ています。

 

大手サイトから小さなサイトまで、沢山のネット記事が数多く書かれています。

 

だからこそ今の時代ネット記事が書けるライターが非常に重要になっているでしょう。

 

Webライターの募集は先ほど紹介したクラウドワークスと言うサイトに募集が沢山あるため、ぜひ参加してみるのが良いです。

 

ちなみに「書ける自信がない」という人は初心者募集や手順を丁寧に教えてくれる依頼主の所にぜひ応募すれば大丈夫です。

 

私も時々Webライターを募集して記事を書いてもらうことがありますが、全くの初心者の方が値段の調節がしやすくて実は初心者を募集したい所も多いです。

 

有名なライターさんだと1記事で10,000円とか普通にかかりますが、初心者の人なら1記事1000円とかに抑えられるので、実は需要がメチャクチャあります。

 

なのでWebライターを目指してみるのもありですよ。

 

せどりで稼ぐ

 

せどりは中古で安く買った商品をネットで売る事をせどりと言います。

 

たとえば最近は問題になっていますが、LIVEのチケットを高額で売るのもせどりの1つです。

 

10,000円で買ったチケットを20,000円で売るとかなりの利益が出ますよね?

 

ちなみにせどりの王道の方法が本の転売です。ブックオフで100円で買った本を200円で売っても十分な利益が出ますよね?

 

せどりの良い所はすぐに成果が出るところです。他のネットで稼ぐ方法だと半年は成果が出ないのが普通です。

 

しかしせどりなら初心者でも運が良ければ1か月で10万円稼ぐ事も十分可能なので、早く稼ぎたいならおすすめします。

 

治験で稼ぐ

 

治験は高額のアルバイトとして有名。しかも基本的に普通に生活するだけで良いのでかなり楽な稼ぎ方になるでしょう。

 

ニートの人も普通の仕事をするのが怖くて無理でも、治験だったら出来ることが多いです。

 

とはいっても治験は東京など都市部の方に多いので地方に住んでる人は、遠出しないと受けることが出来ません。

 

アプリ制作で稼ぐ

 

スマホの登場でアプリの需要が大きく伸びました。

 

パズドラのようにゲームで稼ぐアプリや、家計簿アプリなど便利系のアプリ。様々なアプリが出ています。

 

そのアプリも需要がある物を作れば儲ける事も可能です。

 

家計簿アプリだって広告のついてるものが多く、実はあれでも意外と稼げます。

 

しかもアプリを作れるようになれば、プログラマーとして就職する事も可能でしょう。

 

一生使えるスキルが身に着けたいならアプリ制作をおすすめします。

 

小説で稼ぐ

 

小説家と聞くと難しそうなイメージがありますが、最近ではWEB小説から人気になって書籍化するものが沢山あります。

 

漫画とかで「転生したら○○」みたいな異世界に転生して活躍する漫画が今非常に人気を持っています。

 

しかし原作をたどってみると大半がネット小説から漫画化。そしてアニメ化する事が非常に多いです。

 

なので圧倒的な文章力がなくても、面白い発想の小説をWEBに載せればそのまま書籍化なんて話も出てくるでしょう。

 

漫画で稼ぐ

 

漫画も敷居が高いと思われがちですが、最近はWEB漫画の方が人気のものが多いです。

 

WEBでコツコツと漫画を描いて、それをpixivなどで投稿すれば漫画家になれるチャンスもあるでしょう。

 

自分の人生を面白おかしく描いてそれを書籍化する人もいるので、可能性は無限大ですよ。

 

投資で稼ぐ

 

株式投資やFXなどお金を使ってお金を稼ぐのも1つの手です。

 

投資も難しいと思われがちですが、働くのが嫌で投資の勉強をして年収1000万円稼いだという人もいます。

 

投資は専門家がやるものと思われがちですが、実はゼロの知識から始めて成功する人は沢山います。

 

なのでお金があるなら最初は10,000円だけ投資してみて、勉強しながらやってみるのが良いでしょう。

 

ネット副業って楽しいよ?

 

ネット副業ってやってみると案外楽しいものです。

 

私もニート生活の時に「働きたくないからネットで稼ごう」と思ってブログ運営から始めた人です。

 

バイトを始めたのは親が「働け」とあまりにもうるさく言うので働きましたが、心の中ではもう正社員で働くつもりは全くないです。

 

それでネット副業を始めてみたのですが、自分の力で稼げるって非常に楽しいです。

 

今までは雇われて働く事しかできない私でしたが、雇われずに稼げる喜びを知って「あ…ネットで稼ぐのって楽しい」と感じるようになっています。

 

そのおかげでフリーター生活でも楽しく生きることが出来ています。

 

資金が欲しいなら派遣+ネット副業が最強

 

もし短期間で資金だけ稼いで、ネット副業に専念したいなら派遣社員+ネット副業が良い方法でしょう。

 

実家暮らしの人しか通用しませんが、派遣で短期間時給が良い仕事をして資金を稼ぎ、その資金でネット副業をすると効率よく稼ぐ事が出来ます。

 

と言うのもネット副業って成果が出るまで時間がかかります。

 

私がブログ運営で初めて成果が出たのが6か月後でしたし、10,000円稼げるようになったのは1年もかかっています。

 

せどりだったら別ですが、せどりをやっている人が多く言うのが「年を取ったら出来ない仕事だわ」と語っています。

 

だからせどりをやる人の大半が、仕事を外注化させて自動的に仕事が回るようにしたりせどりで稼げる知識を人に売ったりしています。

 

だから何をやるにも時間がかかります。なので派遣+ネット副業が一番効率のいい仕事になるでしょう。

 

私もバイトより派遣社員になれば良かったと今ではちょっと後悔してます。

 

難しいものほど一生使える

 

ちなみに将来的に楽をしたいとか働きたくない。そんな風に思ってる人は難しいものを学んでみると一生使えるスキルが身について楽になります。

 

今日紹介した中で難易度順に言うと

 

 

アンケート(一番簡単)

ポイントサイト

治験

せどり

サイト運営

小説

漫画

アプリ制作(一番難しい)

 

と言う感じになっています。

 

アンケートは誰でもできる仕事ですが、単価が低いのでこれで生計を立てるのは無理でしょう。

 

逆にアプリ制作を学ぶと今の時代最強の力になる事は間違いないです。

 

理由としては今の世の中、仕事は全て機械に任せることが多いです。

 

工場なんかでは全自動で商品を作れる所もありますし、スマホは世界中みんなが持っているのでアプリ制作をすれば確実に需要があります。

 

それに今では沢山のWEBサービスがあるため、プログラミングの技術があるだけで仕事が山ほどあります。

 

もちろんアプリ制作をやれとは言いません。

 

せどりに興味があるならそれをやって欲しいですし、小説を書いて儲けたいならそれでも問題ありません。

 

最初にせどりで儲けて、余った時間でサイト運営をするのもありでしょう。

 

ただ、難しいものほど1年後、2年後に役に立つのは間違いないですよ。

 

正社員以外でも暮らす方法はいくらでもあります

 

今日紹介したように雇われなくても出来る仕事は沢山あります。

 

それこそニートでも出来る仕事は山ほどあるでしょう。

 

なのでどうしても働きたくない人はぜひチャレンジしてみて下さい。

 

ちなみにネットビジネスに興味があるけど資金がない。そんな人はニートにおすすめの仕事をアンケート調査をして調べた記事があります。その記事を参考にしてニートから復帰してぜひ資金稼ぎの役に立ててください。

↓↓

ニートに本当におすすめの仕事まとめ!ガチのニート経験者が推進