メンタル

全ての事が無駄に思えるのもネガティブ感情になるのも気持ちいい

 

どうも最近は精神は下に向かっているハクアです。

 

 

私は最近全ての事が無駄に思えてくる、若者特有の中二病、若者特有の哲学的な事を考えています。

 

 

全ての事が無駄に思えるのは時々あります。と言っても自分が落ち込んでいる時にしかこれは起きないのですが、これはかなり厄介な病気です。

 

 

全ての事が無駄に思える病気は普段は軽い症状で収まっていて、せいぜい自分の趣味のゲームをやっている時や本を読んでいる時などに「何でこんな事をしているんだろう」と思う程度の問題です。

 

まあこれでもソコソコ重症かと思いますが、わたしにとっては平常運転です。それでこれが更にランクアップするとどうなるか?趣味以外全ての事が無駄に思えてしまうのです。

 

働いていても、「将来の何に役にたつんだろう?」職場の人と雑談をしてても「この話は生産性がないなー」と思う程になっています。

 

 

ちなみに今この記事を書いている時もなんでこんな記事書いているんだろう?メチャクチャ思っています(笑)こんな事を思いながら書きまくっています。

 

 

これをみてあなたがどう思ったか分からないけど、せいぜい思ったのはそう考えること自体が無駄などと思っているでしょう。はいそうです!私も思っています、こうやって考えること自体が一番無駄になっている事を。

 

 

しかしこれはしょうがないです。私は定期的にネガティブになるように体内時計が埋め込まれているみたいに体が出来ていますから。私は精神病か何かか分からないですけど、一定の時間、大体2週間に一回くらいはネガティブになって消えたくなったり、今回みたいに全ての事がどうでも良い風に思えてきます。

 

 

 

しかも何が一番悪いのかと言うと私がネガティブになる事を気持ちいと思うようになっているのです。

 

 

言っている意味がよく分からないと思った人もいるでしょうが、私はネガティブ感情が気持ちよくなっているのです。

 

 

普通ネガティブな気分になると落ち込んだり、何もやる気が起きなかったりして最悪な気分になるのですが、私みたいな定期的にネガティブになる人は違う事も起きます。

 

 

簡単に言うとこんなに落ち込んでいる自分はかわいそう、自分はこんなに不幸なんだと思って自分は特別な存在なんだと思っている様な感じです・・・あれ?やっぱり中二病(笑)

 

 

だけどやっぱりネガティブの感情は落ち込むと同時に心の中がスッキリするような感覚になります。要するに私はネガティブ感情になるのが大好きな人間と言う事になります。

 

 

完全に中毒になっています。これぞネガティブ依存症です。

 

 

まあですが私はあまり治そうとは思っていません。勝手な予測ですが30代くらいになれば心に変化があってこの感情も消えると思っているからです。