経験談

座椅子を買う時は小さめの椅子にした方が良い理由

 

 

あなたはこれから座椅子を買おうとしてますか?座椅子は地面とかなり近いように置かれる為、かなりリラックスできる椅子ですね。

 

 

ですがこの座椅子を買う時の注意点を座椅子選びに失敗した私が話していきます。

 

 

座椅子は小さめの方が良い

 

 

私は最初座椅子は少し大きい方が座り心地が良いかな?と思って大きい座椅子を買ったんですよね。

 

 

大きさは大体座ると私の首あたりまで届くくらいの大きさです。

 

 

ですが思いました。こんなに大きいサイズじゃなくても良いと言う事に、と言うかもっと小さい方が便利と言う事に気づきました。

 

 

と言うのも大きくて値段が高いとフカフカの椅子で座り心地が良いのかな?と思っていましたが、そんな事はありません。それは確かに1万円の座椅子を買えば流石に座り心地が違うかもしれませんが、私が買ったのは3000円程の座椅子です。

 

 

座椅子をホームセンターで見に行った時は1000円くらいの小さい座椅子がありましたが、ぶっちゃけあれと座り心地はそこまで大差がないかもしれません。

 

 

しかも小さい方が家の色々な場所で使う事が出来ます。私の買った座椅子は結構大きいし、若干重いので正直持っていくのも大変です。なので今は私の部屋専用の座椅子になっていますが、小さい座椅子の方が良かったなー座椅子が固かったらクッションでも敷けば何も問題ないですからね。

 

 

首のリクライニングは絶対にいらない

 

 

座椅子ってバスの座席みたいに椅子の角度を調節出来るんですよね。中には出来ない物もあるので、そこは見本の商品を使うなりして確かめて方が良いです。

 

 

この角度の調節が出来るいわゆるリクライングが出来る座椅子が普通です。まあそこはいる機能なんですが、座椅子の中には上の首部分がリクライニング出来る椅子もあるんですよね。

 

 

正直この首部分のリクライニングは全くいらないです!正直首の部分の角度調整しても特に何も変わらないです。正直この首のリクライニングの重要性を全く感じないです。

 

 

むしろ邪魔な機能なのでない方が良いですね。なので座椅子を買う時は首のリクライニングが無い方が絶対に良いです。

 

 

まとめ

 

 

これをまとめると座椅子を買う時は小さめの座椅子で首のリクライニングが無い方が良いと言うのが私の意見です。

 

 

もちろん大きいのが欲しいと言う人は私の意見を無視して大きめの座椅子を買うのが良いですが、座椅子が欲しいんだけどどんなのが良いかな?と言う人はあまり大きいのを買わずに1000~2000円の小さい物を買った方が便利ですよ。

 

 

値段が高ければ良いと商品と言う事でもないですからね。