精神病

うつ病になりやすい人の特徴4つ当てはまる人は要注意!

 

どうもハクアです。

 

私はメンタルが非常に弱く、ちょっとしたことでもくじけてしまう様な豆腐メンタルの持ち主です。しかも一度うつ病になりかけた事もあり、それ以来うつ病の事や精神病についての本を大量に読んで楽しんでいる謎の男です(笑)

 

今回そんな私が実体験と本を読んで分かったうつ病になりやすい人の特徴を話していきます。

 

 

メチャクチャ真面目

 

もうこれはかなりの人がそうです。

 

 

子供の頃からあれはダメ、これはダメと強く言われた人や大人しくしていたら良い子と褒められた人はとにかく大人になっても真面目です。

 

 

遅刻はしない、仕事は休まない、上司の言う事には素直に従うなど典型的な日本人の性格です。

 

 

真面目だと何が不味いのかと言うと、少しのミスでも責任を感じてしまう事です。他の人からみたら小さなミスで気にする事もないのですが、真面目な人はそれを重大なミスと勘違いして、こんなミスをしたせいで会社と上司に凄い迷惑をかけたと自分で自分を追い詰めます。

 

 

これでじゃあ次は失敗しないように頑張ろうと思えるなら良いですが、真面目な人はその後もかなり引きずります。真面目な人だと切り替えのスピードも遅いのでいつまで経っても落ち込んだまま、それでメンタルが弱くなってうつ病になりやすくなります。

 

 

周りに全て合わせる

 

うつ病になりやすい人は自分の意志より相手の事を優先します。

 

一番分かりやすいのは自分の仕事が終わったのに上司が残業をしているから自分も残業をすると言う事ですね。

 

これは上の人が残っているから自分も残らないといけないと言う風に思っています。確かに会社の暗黙のルールとしてそうなっているかもしれませんが、やはり帰りたい時は帰りたいと思います。

 

 

違う場合は行きたくもない飲み会に参加させられる事です。

 

 

飲み会も別に行きたくないのに皆が行くから俺も行くなど周りに合わせてしまいがちです。更にヤバいのは2次会、3次会などドンドン飲み会の時間が長引いてしまう事です。

 

 

正直2次会なんて行ってたら明日の仕事に影響が出るから行きたくない、しかもお金もないから嫌だと言う風に思う人も沢山いるでしょう。だけど行ってしまう何故なら皆が行くから!

 

 

こんな感じに常に周りの人に合わせている人はストレスが溜まりやすくうつ病になりやすく大変危険です。ですが飲み会の誘いは中々断れませんよね?だったらせめて2次会だけは断る事を意識してみましょう。

 

 

趣味がない

 

 

うつ病になりやすい人はストレスを発散させる事が非常に下手です。恐らくうつ病になる人の大半は自分なりのストレス発散法をあまり持っていない人が多いです。場合によってはストレス発散法を持っていてもうつ病になる人もいますが、それはいったん置いときましょう。

 

そしてストレス発散法を持っていない人は自分の趣味が何も無いと言う人が多いです。

 

 

趣味がないと言う人は常に相手の事を考えて来た為自分に関心がありません。その為本当に自分の好きな物、好きな事が全く見えなくなっているのです。

 

 

しかも自分に関心がないどころか、自分の事をどうでも良いと思っている為趣味を探そうともしません。

 

 

そのせいでストレスを無くして次の仕事をうまく切り抜けと言う事が出来ません!

 

 

ストレスが溜まり続けている為、ドンドンメンタルが弱くなって最終的には崩壊してうつ病になり、会社を辞めないといけないなんて事は普通にあります。

 

 

自分が会社の事を忘れて打ち込める物があったらいくら会社の環境が悪くても、大丈夫と言う人も多いです。

 

 

話が少し変わりますがアイドルオタクと言うのは最高にストレスが発散出来る趣味だと思っています。アイドルオタクの人を見てみると自分のお金を全てかけて、会社の事を全て忘れてアイドルの子を追っかける。

 

 

テレビのアイドルオタク特集を見てみると、自分の全財産をかけてアイドルのグッズを集めている馬鹿な集団と思われがちですが、趣味が全くなく休日はどこも出かけない、休日は家でボケーっとしている人たちよりかなり精神的には豊かになっている人だと思います。

 

 

アイドルオタクの人たちは一部例外もいますが自分で稼いだお金を使って楽しんでいます。うつ病になると働く事も出来なくなります。そうなってくるとお金ももらえません。全財産をかけると言う事は流石にやり過ぎですが、仕事が出来なくなるくらいだったらこんな風に熱中した物を見つけた方が絶対に良いと思います。

 

 

完璧主義

 

うつ病の人の大半はどんな事でも完璧に100%の力でやる完璧主義の人が多いです。

 

 

どんな仕事でも手を抜かない、どんな小さい仕事でも完璧に100%の力でやる、それはメチャクチャ素晴らしい事です。仕事を全力でやると上司や同僚にも評価されいずれか大きな仕事を任せて貰えるようになるので、全力でやるのは良い事です。

 

 

ですが人間は常に完璧主義100%力でやると確実に疲れてきます。それはクタクタに疲れてしまいます。

 

 

しかも悪い事に完璧でやろうとすればするほ意外と評価が低いと言う事もあります。完璧にやろうとすると力が入りすぎてしまい空回りして逆に低品質な仕事をしてしまう事なんて沢山あります。

 

 

たまにありませんか?全力でやった事より力を抜いてやった方が何故かいい仕事が出来ている事。同僚のあいつはいつも適当に仕事をしている風にしか見えないのに、何故か上司の評価が高い事。

 

 

こうなってくると完璧主義の人は精神的に追い詰められます。完璧主義の人は自分の評価が高くないと落ち込みます。それは完璧主義の性格上常に自分は評価が高くないといけないと言う脅迫概念を持っているからです。

 

 

ですが精神的に追い詰められていると全く仕事に身が入らなくなります。そうなってくると自分の完璧な仕事が出来なくなります。ですが完璧主義の人が自分の仕事が上手く出来ないと更に落ち込みます。こうやって負のスパイラルが生まれていきます。

 

そうして時間が経つとある日突然うつ病になると言う事があります。

 

 

まとめ

 

結局うつ病になりやすい人の共通点は仕事に手を抜けない真面目な人と言う事です。

 

 

あなたももしこのうつ病になりやすい人の特徴に当てはまったら少しだけ適当に仕事をやってストレスを少しでも減らしましょう。