経験談

最近は可愛い絵なのにグロい、グロカワ系の漫画にハマっている

 

 

どもハクアだよ!

 

 

 

グロイ系の漫画ってありますよね?

 

 

普通の漫画とは違い、人間の内臓の中身まで細かい所まで描写する漫画などがグロイ系の漫画の特徴。

 

あまりにも細かくリアルな描写が多く、しかも目玉が飛び出たり、血がブシャブシャと滝の様に出てしまう為、耐性の無い人が読むと少し気分が悪くなる場合があるのがグロイ系の漫画です。

 

さていきなり言いますけど、私はそのグロイ系の漫画に最近ハマっています。しかもただグロイと言うのではなくて、可愛い絵のグロイ系漫画にハマっています。

 

 

私も昔はグロイ系の漫画が全くダメでそれこそヤング系の雑誌の漫画読めたものではありませんでした。

 

 

ですが21歳にもなると見事なまでに耐性がつき、ガンガン読めれる程、しかも好んで読んだりもしています。

 

中々友人には見せられない様な漫画ですので、ネットではガンガンおススメしていきます(笑)

 

 

最近ハマっているグロカワ系の漫画を紹介

 

 

さてでは私はどんな漫画にハマっているかと言うと、割と有名な作品ばかりですよ。

 

 

1つ目はがっこうぐらし。

 

これは一時期アニメが非常にブームになったので、結構有名な作品です。

 

 

内容としては街の人間全てゾンビ化して生き残った人が学校で暮らしながら脱出を目指して行くサバイバルホラー漫画です。

 

 

がっこうぐらしのいやらしい所は、最初見た時は学園もののほのぼのした漫画かな?と騙されてしまう所。実際は全く違くて常に死と隣り合わせの学校サバイバル漫画なので、ほのぼのどころかいつキャラクターが死んでもおかしくない様なドキドキの緊張感が凄い漫画です。

 

 

がっこうぐらし! (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

がっこうぐらし! (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

  • 作者:原作:海法紀光(ニトロプラス),作画:千葉サドル
  • 出版社:芳文社
  • 発売日: 2012-12-12

 

2つめはコープスパーティー

 

 

これも知っている人は知っているかなり有名な作品です。

 

 

元々は確かPCゲーム、しかも素人が作ったフリーゲームだった記憶があります。

 

 

その独特のストーリーと可愛らしい絵、エロい描写もありそれが見事に融合しています。恐らく初代グロカワ系のゲームと言える作品でしょう。

 

 

それが段々とコアなファンから有名になり、PSPで正式にゲームで発売されたし、漫画化にもなりました。

 

 

これはがっこうぐらしよりも何倍もグロイです内臓は飛び散ったり、普段では絶対ありえない様な死にかたもするキャラもいます。

 

 

正直耐性が無い人がこの漫画を読むと吐き気など、体調が悪くなる可能性もあります。それ程までにグロ描写が凄まじく濃い漫画になっています。

 

 

3つめはドールズ・フォール。

 

 

これはあまり聞いた事ないマイナーな漫画だと思います。

 

 

内容としては両親を火事で亡くした主人公が施設のようなところに預けられるのですが、その施設はかなり呪われている施設。その施設で生き残る為のキャラクター達が必死になる描写が素晴らしい。

 

 

この漫画は先ほどのコープスパーティの関係者が描いた漫画です。なのでコープスパーティ以上のグロさがある漫画です。

 

 

と言うかぶっちゃけコープスパーティよりも圧倒的なグロさを誇り、作者の悪意が感じられるほどの狂気も感じるほどです(笑)

 

 

内臓が飛び出すのは当たり前、手足がありえない方向に捻じ曲がる事もあります。しかも中学生の少女が・・・。

 

耳も千切れ鼻も折れ、もはや再起不能になる事もあります。中学生の少女が・・・(笑)

 

 

そんな個人的に最強のグロさを誇る漫画、ドールズ・フォールも話の内容は面白いので個人的におススメしています。

 

まとめ

 

グロカワ系で有名なひぐらしのなく頃にやまどかマギカなどは出していませんが、あれはまだ読んだこともアニメを見た事もないので、何も言う事が出来ません。

 

 

もしかしたらそのうち紹介するかも。