トイレを語る

私がウォシュレットを大嫌いな理由3つ!何故皆使うのか?

 

突然ですが、あなたはウォシュレットが好きですか?ちなみに私は嫌いです。最近ウォシュレットをする人が沢山いるようですが、私はあれが正直嫌いです。と言うわけで、今回書くのは私がウォシュレットが嫌いな理由についてです。

 

 

おしりが変な感じがする

 

まあ私がウォシュレットが嫌いな理由の原因の80%がこれですね。ウォシュレットは水を勢いよくだしてお尻を洗う物です。

勢いよく水を出している為、当然お尻の方で多少の違和感が当然あります。私はその違和感が全くダメなんです。

ウォシュレット独特のあの水を勢いよく出すあのシステムは私のお尻に不快感しか出しません。何でしょう?あのお慣れない水の感触のせいで正直あまり使いたくなくなるのは。

あの勢いよく水が噴射して気持いいと言う人も沢山いるでしょう。と言うかウォシュレットが好きな人は、あの噴射がお尻に当たるのが気持ちいと言う人が沢山いるのも事実です。

恐らくウォシュレットが好きな人と嫌いな人で分かれるのはそれが原因だとおもっています。

 

 

痔になりそう

 

ウォシュレットが苦手な原因はもう一つ、これは私が勝手に思っているだけの事ですが、切れ痔になりそうでなんか嫌だ。

ウォシュレットってかなり勢い良く水が出るじゃないですか?まあ水の強さは変えられるというのもありますが、水の勢いを最弱にしてもかなり強いような思えます。

あれだけの勢いで水が出ると、お尻への恐怖が強いです。あれ?これ当て続けたら人間のお尻が簡単に切れないの?といつも恐怖におもっています。

それは勢いがないと、出したものがとれないから、それはしょうがないけど、やはりウォシュレットの勢いと言うのはかなり強いと感じていますね。もちろん私も何回かウォシュレットを試して話しています。使わずに話しているわけではありません。

 

結局ペーパーで拭かないとダメ

 

そしてウォシュレットは完璧に出したものが取れるわけではありません。確実に残ると言うのもありますね。

ウォシュレットの目的はトイレットペーパーを使わずに出したものを綺麗にする事が目的だと思っています。

しかしウォシュレットを使っても残るものは残る。しかも下痢の時なんか、ウォシュレットの範囲が狭すぎて逆に被害が拡散してしまう。お尻が悲惨なことになります。まあ下痢の時はお尻が痛くなる事がおおいので、あまり使いたくなると言うことも言えますがね。

結局ペーパーで拭かないといけない。しかも場合によってはお尻の汚れが広がって大惨事になっている場合もある事が言えます。そう綺麗にしようと思って汚してしまっているんですよ!
服に汚れが付いてそうで嫌だ

ウォシュレットって、かなりの勢いで水を出すじゃないですか?水の強さの設定も出来ますが、最弱にしても結構強いと私は感じています。

あれだけ勢いよく水がお尻に向かって出ていると、お尻に付いている排泄物が服に付いてそうじゃないですか?まあ私も過去に何回か使っても試したけど、服についている事はありませんでした。

しかし多少の汚れとかはウォシュレットをした時に引っ付いていそうなので、正直怖いです。まあこれは私の勝手な想像です。変な妄想を作り勝手な被害妄想をしているだけなので、あまり気にしないで下さい。

 

壊れている事が多い

これは私の住んでいる所のせいかもしれませんが、ウォシュレットって壊れている所が多いように感じます。

 

 

私の家のトイレはウォシュレットは無いので、使うとしたらお店のトイレや駅前のトイレを使うしかないです。使いませんが(笑)

 

 

その時によく見るのが「現在ウォシュレット機能は故障していて使う事が出来ません」と言う貼り紙。こう言う店を何度もしかもかなり多く見てきている。

 

 

しかもすぐ直すなら良いけど、メンドクサイのか、誰も使う人がいないから分からないけど、全くどの店も直す気がない。ずっと故障したまま放置している。

 

まあ別に直すつもりがないなら良いけど、そもそも私は使わないし。でもああ言う故障したままの物を放置していると私は早く何とかしろよと思ってしまうやっかいな性格です。

 

私の家の近くのTSUTAYAのトイレと、コンビニのトイレのウォシュレットはいつ直るかが分からない。ちなみに1年以上は故障の貼り紙がずっとついているよ(笑)

 

関連記事!

外出先のトイレを語る

冷たい便器を座るための講座

 

まとめ

 

ウォシュレットの悪口を書いてしまったが、これで批判が来ることは覚悟している。むしろ批判が来て共感のコメントが来てくれる方を私は期待している。

 

ウォシュレットはパクチーなどと同じで好みが分かれる物。批判も来るが共感の声も届く事を期待している。