自己啓発本

80%の人が最後まで読める!読みやすい自己啓発本オススメ7選 

 

このページをみたあなたは自己啓発本に興味がありますね?

 

しかし自己啓発本は文字だけの本。今まで漫画くらいしか本を読んだことないから途中で眠くなりそう。文字だけの本は今まで読んだことないからとにかく読みやすい本を読みたい。

 

そんな風に考えてますね?

 

私は自己啓発本を合計で40冊程読んできたので読みやすい本もよく分かります。

 

と言う訳で自己啓発本の中でも私が選んだ超読みやすい本を紹介します。

 

 

嫌われる勇気

 

自己啓発本で最近売れまくって有名になった本です。有名になってドラマ化しているので一般認知度も非常に高い本です。

 

この本は全て対話形式で書かれています。自己啓発本の多くは堅苦しい科学的根拠や著者の成功法則などを教えて読みにくです。

 

しかし対話形式で書いているならまるで小説を読んでるみたいな物語があります。それに対話形式の本なので堅苦しくなる事も全くなく、気軽にスイスイ読めてしまいます。

 

嫌われる勇気は自分に自信がない、もっと自分らしく生きたいと思っている人の為の本です。メンタルなどに悩みがある人におススメです。

 

 

 

 

アラン先生と不幸な8人

 

この本も先ほどの嫌われる勇気と同じで対話形式の本です。

 

しかしこの本は登場人物が非常に多いです。先ほどの嫌われる勇気は2人の登場人物しかいませんが、アラン先生の本では9人の登場人物がそれぞれ違う悩みを持って、物語が進んでいきます。

 

嫌われる勇気と比べると口が悪く、どことなく漫画の登場人物の様な話し方になっています。なのでより柔らかく、より読みやすくなっています。

 

この本もメンタル系の本で。

お金の悩み

仕事の悩み

人間関係の悩み

 

など社会人になると絶対に出てくる悩みの解決方法が書いてあります。

 

アラン先生のレビューはこちら

 

 

 

感情的にならない気持ちの整理術

 

自己啓発本のイメージって文字がたっぷり入って、科学的な話や専門的な話などが書いてあるイメージがあります。

 

しかしそんな事はありません。この感情的にならない気持ちの整理術と言う本はとにかく見やすいと言う印象が強いです。

 

確かに自己啓発本の中には黒の文字と白の背景しかない物もあります。しかしこの本はとにかく大事な所にはマーカーがついていて更に挿絵もついてます。

 

そう説明の途中に見やすく絵がつき、全体的に色が付いているので、見にくいと言う点がありません。

 

白と黒の本と大事な所に色のついたマーカーがある。どちらが見やすいか?圧倒的に色がついた方が見やすいですよね?

 

 

ちなみにこの本はいつも感情が抑えられない。ちょっとした事ですぐ怒る人。つまり感情が剥いたバナナの皮様にむき出しの人におススメの本です。

 

感情的にならない本のレビューはこちら

 

 

うつヌケ

 

これは文字だけの本がどうしても読めないと言う人におススメです。

 

この本はうつ病の人の体験談を取材してそれを漫画にした物です。

 

うつ病の人の為の本は色々出ていますが、リアルな人の体験談だけを詰めた本と言うのはあまりありません。

 

しかしこの本は下手なうつ病改善の本やメンタルを強くする本と比べると圧倒的に良い本です。

 

うつ病の体験談ですから、当然治った方法と言うのもあります。その人が体験したうつ病が治った方法。リアルにうつ病になった人の意見ですから、医者の意見よりよっぽど役にたちます。

 

うつ病やメンタルを強くする本を読みたいと言う人は「うつヌケ」を読んだ方が一番効果が高いと私は思います。

 

うつヌケのレビューはこちら

 

 

(イラスト版)一生お金に困らない生き方

 

この本のタイトルをみて怪しいと思いませんでした?

 

確かに怪しいです。怪しすぎて逆に警戒しまくります。

 

しかし自己啓発本の中ではかなり読みやすい本だと言えます。

 

この本は元々の(一生お金に困らない生き方)本をイラスト付きで分かりやすく解説した本です。

 

イラストがついていると読みやすいが格段に上がるため初心者の人におススメ出来ます。それだけではありません!この本は全体的に文字が大きく1ページにある文字数が他の本と比べて50%は少なくなっています。

 

文字だけの本って小さい文字がぎっしり詰まっているから読みにくい!と言う人は多いです。ですがこの本は要点をしっかりまとめて文字数を少なくしている本です。

 

確かに怪しいタイトルで買う気が無くなりますが、自己啓発本に慣れるには実は一番良い本だったりします。

 

お金に困らない本のレビューはこちら

 

 

無意識はいつも正しい

 

あれをやりたいだけど、お金が無いから無理。など○○がないからダメと言う事を否定しやりたい事をやってみたら?と後押ししれくれる自己啓発本です。

 

この本は自己啓発本では珍しく黄色の文字と背景を使っています。黄色を使う事によって全体的に明るく感じさせる本です。

 

 

何度も言いますが、文字の色を変えてくれるだけで、本の読みやすいが2倍くらい違います。なのでこの本もかなり読みやすい本です。

 

しかし全体的に宗教っぽくて私はあまり好きではありません。しかし読みやすい本です。

 

 

何故か上手くいくバカがやっている成功法則

 

とにかく行動して行動して自分を成功者にするという内容の本です。日本人があまり持っていない物。それが行動力。行動力があればバカでも成功できると言う事を教えてくれた本。

 

 

この本は挿絵と大事な所は文字の色を変えてくれるので非常に読みやすい本です。

 

それにこの本はどんな人でも成功できると言う事で書かれた本なので、説明が全てわかりやすい。それに成功者になるための具体的方法も書いてあるので、後はそれを実践すればあなたの描く成功者に近づく事が出来ます。

 

 

文字が見やすい

挿絵がある

全体的に勢いがある

 

それがこの本の良い所です。

 

 

まずは読みやすい本で肩慣らし

 

自己啓発本を読もうとして、いきなり有名な本を読むのも良いですが、それでは最後まで読めないと言う人が沢山出てしまいます。

 

なのでまずは肩慣らし程度に今回紹介した読みやすい自己啓発本を読む事をおススメします。

 

それではあなたが良い本と出合える事を祈っています。