健康の本

【レビュー】これを読めば眼鏡はいらない?「目は1分でよくなる」

 

 

私は非常に目が悪いです。裸眼だと周りがテレビでみるモザイクの様になり、30cm先も全くみえないくらい目が悪いです。

 

そして私は怪しいと思いつつも目が良くなる本と言うのを買ってきました。こう言った本は正直信じていないのですが、どんな内容が書いてあるのか興味があり、即購入。ちなみに本のタイトルは「目は1分でよくなる!」と言う本を買ってきました。

 

 

ちなみにこの本は30万部以上売れた大人気の本です。目が良くなると言う本は沢山出てますが、この本は特に売れた本と言えますね。

 

レビューをする前にこの本を使って目が良くなったかを言います。この本を私は1か月使いましたが、目は良くなりませんでした!

 

とりあえずこれを頭に入れて今回のレビューを読んでみて下さい。

 

関連記事!

 

 

目の血行を良くするタッピング法

 

この本でメインと言って良いくらいの方法が、タッピング法です。タッピング法とは目の周りのツボや手のツボなどを軽くトントンと押して血行を良くするための方法です。

 

本ではこのタッピング法と言うのを使い目を良くしていきます。

 

目が悪い人は目の血流が悪く、血が固まっている為、目に酸素が届いていない。だから目が悪くなる事が多いと言っています。

 

私は実際にタッピングをやってみましたが、これが中々気持ちい物です。目が良くなる効果は全く無かったですが、タッピングをやると目がスーッとして目薬をやったようなあのスカッとした感覚になります。

 

気持ちよかったのは確かです。効果が無かったですけど(笑)

 

 

ジャンプで目が良くなる

 

ジャンプで目が良くなるなんて訳が分からないと思った人もいたでしょう。

 

仕組みとしては胃腸がこわばっていると、自律神経の乱れに繋がります。自律神経が乱れると血の流れが悪くなり、体調が悪くなったり、目が悪くなる事に繋がるみたいです。

 

そこでジャンプをする事で、胃を刺激して血行を良くし、運動不足を改善して目も良くなると言う方法です。

 

ジャンプだけだったら運動不足の人にも良いですし、ランニングをするよりは楽に運動が出来ます。

 

目は良くなりませんでしたが、運動不足の私には中々刺激が強く良い運動になりました。

 

 

やり方が間違っていたのか、効果は無かった

 

最初に言いましたがこの本を使って目が良くなると言う事は全くありませんでした。

 

タッピング法と言うのも確かに目の周りが気持ちよくなりましたが、視力が回復したと言う事は全くなく、私の裸眼は今もモザイクがかかった世界が広がります。

 

タッピング法のやる場所と言うも正直分かりにくく、自分の場所が合っていたかどうかの区別がまるでつきません。

 

結局1か月続けましたが効果は表れる事が無く、個人差がある事を実感した所です。

 

ですが30万部以上売れている本なので恐らくこの本を書いた著者はかなり人気があり、口コミで広がったと言う事もあるのでしょう。なので私が効果が無いからと言って、詐欺じゃないか!怒る事も出来ません。

 

売れていると言う事は効果があった人が大勢いると言う事ですから。

 

本に書いてあったのですが、この人のやる講習会で実際にタッピング法をやり目が良くなったと言う人も沢山出ています。

 

あなたも一度試した見たらどうですか?もしかしたら効果があるかもしれませんよ。