ビジネス書

【レビュー】1つの会社にいる必要はない!「多動力」

 

最近はインターネットの発達で仕事が減っていると言う事をよく聞きます。将来的に10年後くらいには人のやっている仕事はロボットが出来ると言われているので、10年後にもうあなたの仕事がないかもしれません。

 

そこはまあ良いんですが、今回紹介したい本は堀江貴文さんの「多動力」と言う本です。

 

この本を簡単に紹介すると、昔ながらのコツコツやって1つの事を極めるより、色んな仕事をやってドンドン違う事をすれば良いと言う事を書いた本です。

 

少し口調が強く、読む人を選ぶかもしれないのが堀江さんの本ですが、参考になる所が多いと言うのも事実です。それではこの本のレビューをしていきましょう。

 

 

 

寿司屋の修行に意味はない

 

これは堀江さんがTwitterで言ってとんでもない炎上を起こした言葉。ある意味堀江さんと言ったらこの言葉と言うくらい有名な発言です。

 

堀江さんは「寿司職人が何年も修行するのはバカ」と言う発言をしています。

 

 

この言葉の意味は今はインターネットが普及してたり、専門学校があったりと寿司職人に弟子入りしなくても寿司を握る方法は色々あります。だから寿司を握るだけの為に長い年月をかけて職人に弟子入りするのは間違っている。

 

と私は解釈しています。

 

これは確かに私も同意です。今の時代ネットで調べればほとんどの情報が手に入ります。

 

  • 絵の描き方
  • 作曲の仕方
  • 料理のレシピ
  • 風邪の予防の仕方
  • ゲームの攻略

 

 

これらすべてはネットで調べればすぐに出てきてお金もいりません。ですが本当に詳しくなりたいなら、ネットではなく学校にいかないといけませんが、今の時代は学べる所が昔より非常に充実しているので、寿司のお店を開きたいと思ったら経済を学んだり、調理の専門学校にいけば何も問題はありません。

 

つまり昔の様にコツコツと長い時間をかける必要はない!と本では書いてあります。こんな事をしていたら素早く動くための多動力が身につきませんからね。

 

 

 

手作り弁当より冷凍食品の方が美味い

 

は?何を言っているの?手作り弁当の方が美味しいし栄養に良いじゃん!と思った人。ちょっと待って下さい。伝えたいのはそこではありません。

 

ここで伝えたいのは手を抜く事の大切さを伝えています。

 

子供には絶対に栄養のある手作り弁当。冷凍食品は食べさせられない!だからいつも早起きしてレシピを見て、完璧で美味しく栄養がある弁当を作る。しかしそれだと疲れてしまいます。

 

いつも完璧主義でいると、とてつもなく疲れます。いつも100%を出しているので余裕が無く、最初に心が疲れ次に体が疲れます。それでも手作り弁当を作ろうとしたらいづれか心か体どちらかが疲れます。

 

だから時々手を抜いて冷凍食品にするのが良いとこの本では伝えています。

 

ちなみに私の母が作るご飯は卵焼きとおにぎり以外はすべて冷凍食品…私の母親は良い手抜きをしているぜ!

 

 

仕事を選ぶ勇気

 

 

今の仕事がフリーランスや学生でバイトをしている人はこの部分は特に読んで欲しい所です。

 

まずこの本では割りに合わない仕事など嫌いな仕事はやらない事を伝えています。

 

フリーランスなら、コストカットをしようとして報酬をドンドン減らす依頼主。

 

学生のバイトならコンビニのブラックバイトなどがあがります。

 

特にこの本では学生のブラックバイト問題について毒を吐いています。

 

バイトの問題で「裁判を起こして何になるの?嫌だったらそのまま辞めれば良い」と本に書いてあります。

 

つまり嫌な仕事にあたったら、すぐにやめて次の仕事をやれば良いと答えています。「そんな事言っても生活費…」と言う人はバイトならいくらでも求人はあると言う事を覚えた方が良いです。

 

恐らく今のバイト先が通勤しやすいなどの理由から、辞められないと言っているでしょうけど、ブラックなバイト先ならすぐ辞めた方が自分の為になります。

 

無理して働く必要はないと言う事です。

 

 

相変わらずの堀江さん

 

私は堀江さんが出した本を3冊程読みましたが、やはり言っている事は変わらない。しかも相変わらずの毒舌全開で読んでて心がモヤットする事もあります。

 

しかし今の日本の働き方や価値観などおかしい所はバンバン指摘してくれるので、日本にあるよく分からない意味もない伝統などのおかしい所に気づく事が出来ます。

 

私も真面目で人に対して本音を話せない典型的な日本人です。だから昔からの伝統などを守る傾向が強いです。

 

しかし堀江さんの本を読むとそう言った日本人のよく分からない価値観などを否定し、間違いに気づく事が出来るので、本は好きです。本人はちょっと苦手なイメージがありますが。

 

もう1つの堀江さんの本

 

とにかく動く事の大切さを学べる

 

この本で伝えたい事はずばり動く事の大切さ、そして動きかたなどを学べる本です。

 

 

日本人に一番足りない事。それは行動力だと思ってます。日本人はとにかく理由をつけて行動をしません。

 

  • お金がないから
  • 能力がないから
  • 家族がいるから

 

などの理由を付けて転職や起業など、本当に自分がやりたい事を全くやらないです。しかしそんな行動力がない私たちにメスを入れてくれる本でした。

 

 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

  • 作者:堀江 貴文
  • 出版社:幻冬舎
  • 発売日: 2017-05-27