自己啓発本の怖い所

自己啓発本が気持ち悪く見えてしまう理由

 

世の中には多くの自己啓発本が並んでいます。

 

最近は読書離れということが言われていますが、100万部売れた自己啓発本や30万部以上売れている自己啓発本が実は世の中には沢山あります。

 

この様に沢山自己啓発本が売れていますが、多くの人が実は自己啓発本が気持ち悪いと思っています。

 

私はよく自己啓発本を読みますが、確かに気持ち悪い本を何冊も読んで来ました。理由はものすっごく分かる!

 

と言う事で今回は自己啓発本を50冊以上読んだ私が、自己啓発本の吐き気がするほど気持ち悪いと思う所を紹介していきます。

 

アッ!ちなみに誤解がないように言うと、私は自己啓発本は結構好きですよ、だけど昔は自己啓発本は気持ち悪いと思っていたので気持ちが両方分かってしまう。と言うことで両方の立場で書いていきます。

 

 

怪しい物が多い

 

個人的に自己啓発本が気持ち悪く感じるのはあまりにも怪しすぎる物が多すぎると言う点ですね。

 

これを読めば人生が変わる!

30分で100万稼いだ人のお金の使い方

これを読めば仕事が面白い程上手くいく

誰にでも好かれる50の方法

お金持ちのなる為の習慣

 

などなど怪しい本がたくさんありますね。

 

しかし本を読まない人からみたら「この壺を買えば幸福になりますよ」といっているものと同じです。簡単に言うと詐欺みたいで気持ち悪いと言う事です。

 

実際本を1冊読んだ程度で年収が1000万になったら誰でもなれますよ。だけどこういった本が売れに売れている。自己啓発本を読むようになって、本の売り上げとかが自然と入るようになったから分かるけど、とにかくお金の本は異常に売れます。

 

個人的にみた日本で売れやすい本は

 

お金持ちになる本

メンタルが強くなる本

話しが上手くなる本

健康になる為のほん

 

この4つのジャンルはとにかく売れます。売れると言う事はとにかく日本人はこの4つのジャンルで今一番悩んでいる。若者から高齢者まで皆悩んでいる話題になるわけです。

 

悩んでいてネットや人に聞いてもどうしても分からないから、どんなに怪しい本でも売れてしまう。客観的にみて詐欺みたいな本のタイトルでも本気で困っているから買ってしまう。

 

本はタイトルで買うか買わないか決まる場合が多いのでとにかく、人を煽るタイトルを書く場合が多いので自己啓発本では胡散臭いタイトルが多いわけです。

 

そんな胡散臭いタイトルの本を自己啓発本を買わない人からみたら、先ほど言ったような「この壺を買えば幸福になれます」と同じような物と考えています。

 

 

宗教みたいで気持ち悪い

 

自己啓発本はどこか洗脳している感じや宗教チックみたいで気持ち悪いと感じる人も非常に多いです。

 

あなたの人生はすぐ変われる!

人に尽くせ!

もう人間関係に悩まなくても良い

 

 

この様に人の弱みにつけこみ、人を洗脳している感じがするのが自己啓発本です。そして宗教みたいと言っているのは時々自己啓発本の中で「良い事は全て自分に返ってくる」「他人につくせば必ず自分に返ってくる」「キリスト教は良い」などと自分の信じている宗教の教えをそのまま本に書き、誘おうとしている本もあります。

 

確かに客観的みたらこれは気持ち悪い。というか何が気持ち悪いかって、偽善者オーラがムンムンに出ていると言う事がすでに気持ち悪い。

 

人は皆他人には言えないような黒い部分を持っています。どんな良い人でも必ずイライラしたり、他人の事が嫌いや気に食わないと言う事がかならず出てくるのに、その黒い部分を否定して「人の悪口を言わない」「他人につくせ」などと言われたら確かに気持ち悪い。

 

自己啓発本を否定する人は恐らく自己啓発本を読んだことが無い人だろうけど、なんとなく自己啓発本の偽善者ぶりなどを感じ取っていると言う事もあります。

 

関連記事!

自己啓発本中毒の特徴とは?

自己啓発本を読んだ時に来る謎の高揚感のはなし 

 

読んでも結局変わらない

 

自己啓発本を読んでいる人の90%くらいの人は結局なにも変わりません!多くの人はこうなります。

 

本を読む

面白かったと思う

2日間は自己啓発本に書いてある事をワクワクしながら実践する

本に書いてあることを忘れる

また新しい自己啓発本を買う

 

こう言ったサイクルが自己啓発本が好きな人に共通する事です。ちなみにこれそのまま私の事です(笑)

 

今では自己啓発本を客観的に見ることが出来ましたが、最初に読んだ時はまー酷かった。

 

本を読んで面白いと思い実践するのは良いけれど本の通りに上手くいかず、結局2日もすれば何もかも忘れて、いつもの自分に元通りになると言う事。

 

自己啓発本を読んでも結局元の自分の方が慣れているし、楽だから本の内容をまともに実践せずに結局普段の自分となにも変わらない事が多いです。

 

友人や知り合いに自己啓発本をよく読む人がいる人は、実感できますが、「本を沢山読んでいるけどこいつは何も変わってないじゃん!」とツッコミたくなる様な事も多いです。

 

しかも得意げに本に書いてある内容をそのまま鵜呑みにして、周りの人に話すからそれで更に気持ち悪さを感じる。

 

それはそうですよね。これで本当に年収が1000万とかになっているなら「自己啓発本って効果あるんだ」と思いますが、友人や知り合いは結局なにも変わらない。

 

変わったとしたら、余分な知識を身につけて得意げに本の内容を話し、聞いててイライラする友人の姿しかありません。

 

 

結局自己啓発本を読んで、洗脳されている感じがあるので、気持ち悪く感じますね。

 

 

偉そうに本の知識を語る人が気持ち悪い

 

先ほどの読んでも変わらないという内容と少し被りますが、気持ち悪くなる原因としてこれがかなり大きいです。

 

例えばお金の本を読んで多くの事で書いてあるのが、「お金は貯金すると貧乏になる」という内容です。

 

この貯金すると貧乏になると言うのは、お金は起業や車を買うなどの目的があって貯金するなら良いですけど、何も目的がなくただ何となく貯金すると貧乏になる。貯金ではなく自分のスキルを高めるためにお金を使った方が良い。

 

 

と言う事なんですが、これを自己啓発本が初心者の人が読むと、お金はとにかく何でもかんでも使った方が良いと言う解釈になります。

 

 

それを本の内容を鵜呑みどころか都合のいいように解釈して、無駄遣いでも良いから使った方が良いと訳が分からない様な解釈をしてそれを友人に話します。

 

しかしお金を堅実に貯金する友人からしたら意味が分かりませんよね?

 

何でお金を使った方がお金持ちになるの?そう疑問がドンドン出てきます。

 

それを言った人に聞くと「本にそう書いてあったから」という事しか返ってこない可能性が多いです。

 

そうこういった本の内容をそのまま鵜呑みにして、友人に話すので根拠などが壊滅的にないです。

 

 

自己啓発本を気持ち悪く思う人は、まるで狂信者の様に本に書いてあった内容をそのまま自分で理解しないで話してしまう友人。そしてこの本は素晴らしいと狂ったように言う人をみて気持ち悪いと感じる人が多いです。

 

 

自己啓発本って便利な物もあるよ

 

さてここまでボロクソに自己啓発本を否定して来ましたが、最初に言ったように私は本を読むのが好きです。

 

最初は本当に人生を変えたくて読んでたんですが、途中でどれだけ読んでも変わらない事に気づき、自分を高める意味で本を読む事をやめました。

 

ではなぜ読んでいるのか?それは著者の面白い考え方や偏見すぎる考え方を知る事が楽しいからです。

 

あまりにもおかしくて、全く勉強していないなーという本もあれば、それは盲点だったという考えの本当のも沢山あります。中には常人にはまねできない程書く事が好きで、体が動けばずっと自室にこもって執筆活動をしている人もいます。

 

私はこういったネットでは絶対に分からない情報や人の変わった人生などを読む事に快感を覚えています。自己啓発本というのは実は書いてあることが似たり寄ったりで、何冊も読んでいると「あーこの方法読んだことある」ということが沢山あります。

 

だから自己啓発本ではオリジナル性を出すために、著者の人生をストーリーなどを紹介する事が多いです。

 

著者の失敗話

著者の人生のターニングポイント

著者の成功体験

 

などを話す本が多いです。結局自己啓発本は言っている事が同じなので、私はこういった著者の人生体験を読むのが大好きです。

 

そして自己啓発本はわりと便利な物が多いのも確かですよ。多くの人が自己啓発本=お金持ちになるかメンタルが強くなる本と思い込んでいますが、それは違います。

 

 

私が読んだ中で本当に役に立った本は

 

集中力を上げる本

お金の本当の価値を教える本

健康診断の嘘が書いた本

 

などの本が役にたちました。

 

集中力を上げる本では30分作業をやり5分休憩を繰り返すと作業に集中しやすいと言う方法が書いてあり、それを実践したら集中力が全くなく、10分したら作業に飽きる私が2時間は同じ事を続ける様になりました。

 

お金の本当の価値が書いてある本では、お金を意識しすぎて逆に貧乏になった人の話や、他の本では書いていないお金についての聞いてて痛々しくなる様な話など恐らく日本人の80%は知らないお金についての基礎知識などを教えてくれる本です。ここで重要なのがお金の稼ぎ方ではなく、お金とはどういった物かを勉強出来る本と言う事。

 

よく批判されやすい年収が1000万になる方法ではなくて、お金の本来の役割、お金の歴史、お金の使い方を間違えた人の末路など聞きたくなかったお金の話が書いてあると言う事。

 

 

こう言った本も自己啓発本に入ります。ネットやテレビをみているだけだと一生知る事もない情報が本では手に入ります。

 

 

自己啓発本でも意外と便利な物があるので、嫌っている人はこう言った便利な本がある事をぜひ頭の中に入れて欲しいです。別に読んで欲しいと言う訳ではありませんからそこだけは勘違いしないで下さい。