お金の本

大金持ちは凡人とは思考が違う?投資家がお金よりも大切にしている事【レビュー】

 

 

投資家ってもうかるイメージがありますよね?まあ投資家は自分のお金をかけてお金を増やすと言う一歩間違えれば大惨事になる危ない職業かもしれません。

 

しかし副業=投資と思っている人が多いのも事実です。副業の本でもFXや株などの投資の本がよく売れているので、やはり投資=儲かると言うイメージが強いんでしょう。

 

そこでこんな本をみつけました。「投資家がお金よりも大切にしている事」という本です。

 

この本は藤野英人という投資家がお金の話や仕事の話を熱く語った本です。今回はこの本のレビューをしていきます。

 

ブラック企業は誰が生み出すのか?

 

最近ずっと話題になっているブラック企業問題。違法な労働時間、明らかにおかしい人員、バカみたいに叱るパワハラ上司。こんなブラック企業を生み出しているのは何故なんだろう?とかんがえたことはないですか?

 

この本ではこんな事を書いています。

 

デフレ経済に上手く対応するには、消費者に対する価格を下げなければなりません。何故なら消費者がそれを望んでいるからです。

 

 

価格を下げるには厳しい経営努力が必要になるからです。相当なビジネスモデルの工夫が必要ですし、原価を下げるか、従業員やアルバイトに長時間労働をお願いするか、賃金を引き下げるか、従業員の数を減らすしか手はありません。

 

 

これを読んだら分かりますが、最近のブラック企業問題を生み出しているのは経営者ばかりを問題視しますが、実は安い価格を望む私たちの方にも責任があると言えます。

 

ブラック企業としてニュースに大きく取り上げているのは実は価格が安いお店ばかりです。

 

  • 牛丼チェーン店
  • 安い服屋
  • 売り上げが落ちている雑誌
  • 中小企業の工場

 

などなど最近のブラック企業問題が起きている会社は安さを売りにした所ばかりです。

 

経営陣の問題というのもありますが、100%経営陣のせいではなく、40%くらいは私たち消費者の問題ともいえるでしょうね。

 

 

「ありがとうはチップ」

 

 

この本の著者がお金よりも大事にしている事は良い消費者になると言う事を心掛けています。

 

私は居酒屋やレストランに行くと、必ず「ありがとう」と言うようにしています。おいしい食事とすばらしいサービスを提供してもらったのですから、感謝の気持ちを告げるのは当然でしょう。

 

 

これは確かに大切な事です。と言うのも最近の問題になっているのが、モンスタークレーマーと言う問題です。

 

これは相手が下手に反論できないのを良い事に適当な事を言ってクレームをいうお客さんの事です。

 

宅配で1分遅れただけで説教を言う訳が分からないお客さんもいるようです。

 

しかも恐ろしい事にこう言ったモンスタークレーマーにあった人は自分もモンスタークレーマーになる。つまりクレーマが感染するそうです。

 

接客業をやってお客さんに理不尽はクレームを言われたらそのクレームを言われた人もストレス発散のためクレーマーになるというのは最近ニュースで見かけます。

 

 

そう言った事をなくすためにまず自分から店員にありがとうと言うのはかなり大切ですね。

 

 

遅刻はカッコいいですか?

 

この本の中で面白い会社が紹介してありました。スタートトゥデイと言う会社ですが、この会社は普通の会社とは違う事があります。

 

あなたが遅刻したとします。一般的な会社では「就業規則は守らないといけない」と怒られます。しかし、スタートトゥデイの場合は「遅刻はあなたにとってカッコいい事ですか?」と聞かれます。

これは中々カッコイイ、90%の会社は遅刻をしたらまず叱ります。しかし遅刻癖のある人にそう言っても中々ならない人も多いでしょう。

 

しかしカッコいいですか?と聞かれたら恐らくほとんどの人が「カッコ悪い」と答えるでしょう。普通に叱るより何倍も効果があるやり方です。

 

私がカッコいいですか?と聞かれたら「カッコ悪い」と答えるでしょうし、普通に叱られるより恥ずかしさや申し訳なさが何倍も膨れ上がるので2度と遅刻はしないと心に誓うでしょう。

 

働き方や仕事のマインドを教えてくれる本

 

この本はタイトルからして、儲かっている投資家が本当に大切にしている物を書いてある本だと思いますが、少しちがいます。

 

この本は働き方の考え方や仕事に対するマインドなどを重点的に教えてくれる本でした。

 

確かに著者のお金より大事にしている事も書いてありますが、意外とそう言った事より、著者の今まで出会った仕事での経験など書いた本。というのが近いですね。

 

 

 

買うべきか?買わないべきか?

 

この本をタイトルで見てお金持ちが大事にしていることは何だろうと買う人が多いですが、先ほども言ったように著者がお金より大事にしている事を書いたのが少なく、タイトルをみてがっがりするかもしれません。

 

その為成功している投資家の真似をしてお金持ちになりたい!と考えている人には買うべき本ではないです。

 

しかしお金じゃ買えない価値の方が多いと思っている人はこの本に書いてあることは心に入ってくる本です。世の中はお金じゃないと思っている人はぜひ読んで欲しい本です。

 

この本では。

 

  • ブラック企業を生み出す原因
  • 会社の本当の意味
  • 投資の本当の意味
  • お金に操られている日本人

 

などニュースやネットだけをみている人では分からない情報が沢山書いてあります。

 

 

良かったらこちらの記事もどうぞ!!

ホリエモンのお金の本質を見抜く本

カウンセラーが教えるお金に困らない方法