ライフスタイルに役立つ本

【レビュー】「より少ない生き方」を読んで分かった物を減らす事の重要性

 

最近流行っていますよね?断捨離と言う言葉が。そう最近は文化が発達して、便利な物が次々と増えていきます。

 

しかもネット通販で店に行かなくても、物が買えるので必要のない物までドンドン買ってしまう始末。

 

そこで今回レビューする本は「より少ない生き方」と言う本です。

 

この本は簡単に言うと断捨離をする事の素晴らしさを書いた本です。

 

外国の本を翻訳したものなので、日本とは少し断捨離の仕方や考え方が違う所がありますが、本質的なものは同じです。

 

それでは今回、より少ない生き方を読んで分かった断捨離の素晴らしさを書いていきましょう!

 

 

物を減らすとものに執着しなくなる

 

まずは物を減らすと、ものの執着が無くなるとこの本では書いてあります。

 

物が多い人の多くが、勿体ないから捨てられないとものに執着してしまいます。それは「いつか使うから」「思い出の品だから捨てられない」などと言う意見が多いです。

 

しかし逆転の発想で一度でも断捨離をして、物を減らした時本来はいらないものまで、残してあることがよく分かります。

 

この本では外国の物、広いガレージなどに入っている子供のおもちゃや車の中に入っているものなど、断捨離をするまで気づかなかった無駄な物が沢山出てきたと言う場面もあります。

 

なんと捨てる人によっては1000点以上のいらない物が出てきたと言う報告もあります。

 

1000点も無いかもしれませんが、100点くらいならいらない物が出て来そうですね。上手く断捨離が出来ると、そもそも物をあまり買わなくなると言う人もいます。膨大な量のいらないものを捨てると、重荷が外れて楽になるお陰とも言えます。

 

 

 

大切にしている物がよく分かる

 

物を沢山捨てると、自分の本当に大切な物が見えてきます。

 

この本で紹介している断捨離でもそうですが、断捨離というのは全ての物の捨てると言う事ではありません。

 

  • 携帯電話などの生活必需品
  • おばあちゃんなどに貰った大切な形見
  • 親友に貰った一生涯思い出に残るもの

 

こういった生活の中で必要な物や、死ぬまで持っていないといけない大切な物は必ず残します。

 

捨てるべきものは

  • 着ない衣服
  • 衝動買いした家電
  • 読まない本
  • やらないゲーム

 

など使わない物などです。

 

こう言った思い出にも残らない必要ではない物を捨てると、自分が本当に大切にしている物が出てきます。

 

先ほど言った思い出の品もそうですし、自分の心の奥底から大事にしている物まで、物を減らすとそういった自分の本当に大切な事が分かってくるのでものを少なくすると言う事の大切さがよく分かります。

 

 

お金が自然と増える

 

物を減らして、ものの執着が無くなると、当然ですが衝動買いが無くなります。衝動買いが無くなると当然ながらお金が自然と溜まります。そうなると当然ですが、使えるお金がドンドン増えてきます。

 

物を持ちすぎる人は、テレビ広告やネット広告を見すぎてしまい広告の品を沢山買ってしまいます、いらないのに買ってしまいます。

 

それで知らない間に使うお金が増えてしまいます。物は使わないけど増える、お金は溜まらないで最悪の結果になります。

 

しかし物を減らし物を買わなくなると自然と使うお金が減り、貯金が出来て自分が本当にしたかった事。好きなアーティストのライブに行く、海外旅行に行く、美味しいお店に行く、などの事が出来ます。

 

使えるお金が増えるのが一番よくないですか?

 

 

夢の実現が出来る

 

先ほどの続きになりますが、使うお金が増えると自分への投資が沢山できます。

 

  • 株式投資
  • 不動産投資
  • FX
  • 資格取得
  • ネット副業

など自分磨きをする事が沢山できます。もちろん自分磨きが出来るのも良いですが、副業が出来るのも大きいです。最近では不況のせいか、副業をして生計を立てていると言う人も数多くいます。

 

副業はネットを使えばゼロ円で始める事も可能ですが、副業を効率的により完成度を高くするには本を買うなり、セミナーに行く方が圧倒的に時間の短縮も出来ますし、何より1人でやるより経験値が4倍以上は違います。

 

 

物を減らしお金の余裕があると、自分が本当にしたかった夢の実現に大きく前進が出来ます!

 

 

物を減らすだけで夢に大きく進めるのも素敵じゃないですか?この本では物を減らる事が夢の実現に繋がるとも書いてあります。

 

 

 

物を減らした方が充実すると言う事に気づかせてくれる本

 

最近は本当に便利なグッズが多いです。家電も当たり前の様にパワーアップしてますし、ポテチを食べる時に手を汚さないようにする便利グッズまであるのに驚きです!

 

こういった便利グッズが多く出たせいで本来は自分たちの力で出来るものもグッズに頼ってしまう事が多いです。

 

そのせいでとんでもない量の物が家の中に沢山入り、便利なものを買ったはずが逆に不便になってしまいます。

 

この本を読んで分かったのは、物が少なすぎても十分人は暮らしていけると言う事です。物が増えれば増えるほど幸せ、高級な物に囲まれると幸せと考える人もいますが、それは違います。

 

例えばこの本では、大きい家より小さい家の方が管理が楽でお金がかからないから便利と言う事も書いてあります。確かに大きい家を持っても小さい家を持っても、住める事には変わりないですし、大きい家の場合はお金が無駄に掛かる場合もあります。

 

そういったお金のかかる物を買えば幸せになれると言う幻想に気づかせてくれる本でした。

 

 

どんな人に読んで欲しい?

 

 

この本をぜひ読んで欲しいのは

 

  • 家に物が沢山ある人
  • 高級な物を買えば充実する人
  • 物が捨てられない人
  • 衝動買いが激しい人
  • ストレス発散の方法が買い物の人

 

などとにかく物を買えば買う程ストレスの発散、充実感、幸せを感じる人にぜひ読んで欲しい1冊でした

 

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる

  • 作者:ジョシュア・ベッカー
  • 出版社:かんき出版
  • 発売日: 2016-12-12