トイレを語る

意外と使える?トイレの中の手洗い場のメリット6つ

 

 

最近トイレの中で多いタイプのトイレがあります。それはトイレの中に手洗い場があると言う事。私個人としてはトイレの中の手洗い場は結構好きですが、改めてメリットを考えていきたい。

 

そう、最近はコンビニの中で多いトイレの中にある手洗い場、どんな素敵なメリットがあるのかを今日は語っていきます。

 

すぐ洗えて便利

 

まずこのすぐに洗えると言う点で非常に優秀です。

 

すぐ洗えると聞くと便器タンクから出る水で洗えるじゃん!という人がいますが、便器タンクの水は石鹸がついていない。そう手洗い場だからキチンと、石鹸が置いてあるし、自動で石鹸が出る所ももちろんあります。

 

なので便器タンクのおまけの手洗い場より、キチンとした機能が付いている手洗い場のほうが圧倒的に使いやすいです。

 

最近では潔癖症の人が増えているので、やはりすぐに洗えると言う点では非常に便利といえますね。

 

 

便器タンクの水洗いより洗いやすい

 

次は便器タンクにある洗い場より普通に洗いやすいと言うメリットがあります。

 

これは先ほども少し言いましたが、便器タンクの水は本当におまけ程度の物です。しかも水が少量しか出ないので綺麗好きの人は洗えていないと、不安になるでしょう。

 

その点キチンとした手洗い場なら、水量も良い、タオルもタオル掛けもある、圧倒的に手洗い場の方が手も綺麗に洗えるので清潔になります。

 

 

タンクが無くなるので広く感じる

 

トイレの中に手洗い場を設置すると後ろにある便器タンクが無くなる事が多いです。確定でなくなりませんが、かなりの確率で便器タンクが無くなる事があります。

 

無くなる理由は業者の人ではないのでよく分かりませんが、これが中々いいです。

 

というのも便器タンクがなくなる事によって、見た目がスッキリしてなんとなくですが、トイレが広くなる感じになります。

 

最近できた大きいスーパーやコンビニなどにもたまに便器タンクがないトイレがあるので、気になる人が一度探して見て下さい!一度みると広く感じますよ。

 

まあ広く感じるのが良いのは細かいインテリアをこだわりたいと言う人にはオススメです。

 

 

周りに人がいないのが良い

 

これはお店などに行く時限定ですが、個室の中に手洗い場があると、もちろんですが、誰も使いません。コンビニなどでトイレの中の手洗い場があると、誰も使わないので独占状態。待っている人もいないので焦らずに手をゆっくり洗う事が出来ます。

 

人見知りの人や周りに迷惑をかけたくない、優しい心の人はトイレの中に手洗い場があると非常に便利ですね。

 

 

オシャレ感が出る

 

先ほどもチラッと言いましたが、トイレの中に手洗い場を設置すると、場合によっては便器タンクが無くなります。

 

 

便器の後ろについているタンクが無くなると、それだけで開放感、オシャレ感がグーンと上がります。

 

 

しかも友人やお客さんなどにこのタンク無しトイレをみせると「この家できる!」「この家おしゃれ!」とトイレ一つだけで印象が変わる確率があります。

 

オシャレ感を強く出すなら、トイレの中に手洗い場をつけて、便器タンクをなくすことも考えれます。