漫画あるある

アマゾンで本を買う時のメリットとデメリット。実はアマゾンは最高に使いやすい!

 

Amazonで本を買う人が最近増えていますよね?私も最近はアマゾンで買っていますが、何故本屋で買わないの?と言う人がいますが、私の近所の本屋が潰れまくっているせいで、もう近所の本屋がほとんどないんですよ!!

 

本が売れない時代とありますが、まさにその通りで私の近所のブックオフは2件潰れましたし、書店も2軒ありましたが、潰れて本が買えない状態になっています。「なぜだ!漫画なら沢山売れるだろう!なぜ潰れる」と私は心の中で悲しんでいました。

 

なので私が考えた方法が「アマゾンで買っちゃえ!」と言う事です。アマゾンなら潰れる事はほとんどありませんし、全国どこでも届くので非常に便利です。

 

と言う事で今回はアマゾンで本を30冊以上買った私がアマゾンで本を買う時のメリットとデメリットを紹介します。

 

 

メリットを紹介

 

まずはメリットを紹介します。アマゾンで本を買うとこんな良い事があるよ!とあなたの心に響くように伝えていきます。

 

 

本屋には売っていない商品が沢山ある

 

まず最大のメリットがこれ、通常の本屋には絶対売っていない本が沢山揃っているのが非常に良いですね。10年前にベストセラーになった自己啓発本。30年前に流行った小説など中古の本屋でも置いていない様な商品が沢山揃っているのでアマゾンの品ぞろえはどの本屋でも勝てない最強の品ぞろえといっても良いでしょう。

 

出たばかりの本はどの本屋でも売っていますが、10年前の本はブックオフでも売っていないことが多い。この品ぞろえの多さが私は好きでいつもワクワクしてアマゾンをみていて、「次はどんな本に出合うかな?」と子供のように心の底から本を探すのを楽しんでいます。

 

 

1円本があるのでブックオフより安い場合がある

 

アマゾンには中古本で1円で売っている本がたくさんあります。まあ1円といっても送料が約300円ほどかかっているので実質は300円以上しています。

 

しかし300円といってもブックオフで漫画や本を買うと400円は超えるものが多いのでお買い得といえばお買い得です。特に自己啓発本はブックオフで買うと中古でも500円以上するものが多いので、かなり得をする事になります。

 

「1円本って怖くない?」と思っている人が多いでしょう。私もアマゾンをあまり使っていない時は怖かったです。しかし買ってみるとそうでもありません。

 

したの写真をご覧ください!

 

 

この本たちは全て1円で買ってきた本で、全て新品同様になっています。ふせんは私が勝手に付けたものなので関係無いと思ってい下さい。

 

中身も新品と同じくらいで何も問題なく、むしろブックオフで買うより綺麗です。時々ブックオフより汚い本が届きますがそれでも私の経験上10冊に1冊ほどしかそう言った本は届きません。

 

アマゾンの出品者は怪しいと思っている人が多いですが、そんな事もなく丁寧な対応、早い配達をする人が多く思っていたより怖くないですよ。

 

まあこんな事を書く私も使い慣れる前は「1円本!なにこれ絶対汚い本が届くでしょう!」と完全に信じていなくて、不信感の塊のような私でした(笑)

 

 

 

関連商品が沢山出てくる

 

アマゾンでは買った商品から、次々の出てくる関連商品。これは非常に便利です。買ったものから自分の趣味に合う物を自動的に選んでくれるので、自分の好きな本がドンドン買えるのがアマゾンの強みです。

 

似たような本が沢山オススメとして出てくると選ぶ手間がなく、延々と関連商品を買う事も可能です。

 

 

家で買う事が出来るので楽

 

休日はそこまで外に出たくない人なら、良いですよ。アマゾンはネット通販なので注文したら登録した住所に届きます。

 

もちろん注文するのも荷物を受け取るのも全て家で出来ます。本屋に行くのがメンドクサイ、そもそも家の近所に本屋がないと言う事ならネット通販が最大の強みです。

 

私も近所の本屋がドンドン潰れています。なのでネット通販を使わないと非常にメンドクサイです。私は免許を持っていますが、車も原付も持っていないので、自転車で30分もかかるブックオフで本を買わないといけません。

 

30分って短くない?と思う人がいますが、私は非常にメンドクサイと思っています。なので家でゴロゴロしながら注文できるアマゾンはひきこもり体質の私にとって最高のパートナーです。

 

ポイントが自動で溜まる

 

本屋の多くはポイントカードがあります。ブックオフでもポイントカードがあるので、ポイントで新しい本を買う事も可能です。しかしそのポイントカードは、会員登録がいちいちメンドクサイ事が多いです。

 

ブックオフは何もなしで作れますが、大半の本屋はポイントカードを作るのに。

 

  • 住所
  • 郵便番号
  • 電話番号
  • 免許証の提出
  • 氏名

 

などを書かないといけないです。これが非常にメンドクサイ!!私が会員登録で嫌だなーと思う事はまさにこの5つ全てです。

 

長ったらしい住所を書くのもメンドクサイし、自分の携帯番号をいちいち確認するのもメンドクサイ。そうポイントカードの会員登録は私が嫌いな細かい入力があるので、正直ほとんどの本屋でポイントカードは作っていないです。

 

ブックオフだけは会員登録なしで出来るのでポイントは貰っています。

 

しかしアマゾンでは元々登録が終わったら自動でポイントがつく。アマゾンを使う前にメンドクサイ会員登録がありますが、ネットの入力だとぶっちゃけ郵便番号さえ書いてしまえば、後は自動的に住所入力も終わるので書くよりは楽です。

 

自動で溜まりいつのまにか沢山溜まっているポイントで本を無料で買う楽しみがあるので好きです。

 

店員さんに買う本がみられない

 

恥ずかしがり屋で自分の趣味を人に話すが嫌いな私にはネット通販は最高です。

 

私は基本どんな趣味でも人にほとんど話しません。ゲームをやっていた時も漫画を読んでいた時も自己啓発本を読んでいた時も恥ずかしいので基本話さないです。

 

本当に仲良くなった友人達には話しますが、職場の人にはまず私の趣味は恥ずかしいと感じてしまうので言いたくないです。

 

なので店員さんのレジに自分の買う本を持っていくときも恥ずかしいです。私は自意識過剰なので本を買う時「男なのにこんな本読んでるんだ」「いい歳してこんな本読んでいるんだ」と思われてそうであまり正直レジに持っていくのをいつもためらっています。

 

「そんな事店員が思う訳ないでしょう!」と答える人がいますが、そんな事は分かっています!店員は1日に30人、100人と多くの人の接客をしているので1人の買った本なんて覚えているわけありません!しかし私の無駄にレベルが高い妄想能力のせいで本当は気にしなくても良い事まで気にしてしまいます。

 

そんな私にとってネット通販だと顔をみられないので、買いやすいです。人がいないから思う存分楽しく買い物が出来ます。コミュ障にとってアマゾンは最高の買い物方法なんです!

 

 

デメリットを紹介

 

次はアマゾンで本を買った時のデメリットを紹介します。やはりアマゾンとはいえデメリットもかなり多いので、紹介していきます。

 

送料が高い

 

やはりネット通販なので送料が高い問題があります。送料が本だと350円程かかる事が多いです。

 

この350円がかなり痛い。先ほど少し言いましたが、アマゾンで1円本を買った時送料が350円かかると結局351円払う事になります。

 

本体が圧倒的に安いのに結局送料を払うせいでそこそこ高く感じてしまう。安いモノを買う人なら誰もが思った事でしょう。ブックオフで中古の自己啓発本を買うとだいたい500円~800円かかるので安いと言えば安いですが、やはり本来1円で買える物をこうやって高くしてしまうと、何故か損に感じてしまう。

 

これが送料の難しい所です。

 

中古本だと中に書き込みがある場合が存在する

 

アマゾンの中古本はキチンとした業者が出品している物もあれば、個人が出品している場合もあります。

 

キチンとした業者の人でも、個人で出品している人でも書き込みがある本を出してる所が存在します。

 

初めに言っときますが書き込みがある場合は多くの場合「注意!この本は書き込みがあります」とキチンと表示してあることが多いので、そこだけキチンと見て下さい!

 

話を戻しますが、こういった書き込みがあるのがアマゾンの中古本を特徴です。ブックオフでは書き込みがある場合買取が出来ない事がありますが、ネットの買取ショップの場合書き込みがあっても、本に折り目がついても全然買取良いと言う事が多いので、そのせいもあります。

 

この画像は私が本を買った時についてた書き込みです。

 

 

書き込みというかマーカーですね。ピンクのマーカーで大事な所に線を引く。学生の頃によくやった戦法です。

 

自己啓発本の場合はこういった書き込みがわりと目立つ場合が多いです。自己啓発本は自分を高めるために使う。ようは勉強する為に使うのでこういった大事そうな所の書き込みはする人が多いでしょう。

 

 

あーちなみに今回はピンクのマーカーで書き込みをしてたけど、これが黒いマーカーで全く文字が見えなくする人もいます。そういった場合は流石にどの買取ショップも買取が不可です。

 

書き込みが許されるのはあくまで読める範囲の書き込み。だから「書き込みがあるから読めない部分があるのでは?」と思っている人は大丈夫です。

 

良質な販売店なら必ずチェックして、読めるかどうかを確認するので心配はいりません。

 

 

中身が分からないのでハズレ本の確率が若干高い

 

書き込みなど本の状態が綺麗ではないと言うデメリットより、本の中身が分からない事の方が個人的には大きいです。

 

 

普通の書店で自己啓発本をみると大半は中身がみれます。漫画などはカバーしている事が大半なのでみえませんが、自己啓発本に限っては普通に読めてしまいます。

 

それで新しい本が発売、または気になる本がある場合はそれで中身をみて面白そうだったら買い。恐らく本を買う時に多くの人がやっている事でしょう。

 

私も魅力的なタイトルにひかれたら、中身を少し見て面白そうなら買う。という方法をよく使います。これだったらハズレ本を引く確率がグーンと下がりますので。

 

しかしネット通販だと中身が全く分からない!それはそうです。注文してから来るものなので中身が確認できません。

 

ネット通販で一番怖いのが現物が届くまで分からないと言う点です。一番問題が起こりやすいので衣類などで「大きさが全然違って着れない」という事。ネット通販のトラブルとしてよく出ている物です。

 

本でもそれがあって、中身が分からずとりあえずタイトルだけ買ったらハズレ本だった、そういった事がよく起こります。私もネットで買った本が何冊がつまらなくて読むのを止めた本がよく出てきます。

 

「レビューをみれば良いじゃん」という人がいますがレビューを信じ切ってはいけません!レビューはあくまで個人の意見なので自分が面白いかどうかなんて、実際触って初めて分かる事です。

 

私の実体験ですが、50万部以上売れた自己啓発本がありました。タイトルは割愛させてもらいますが、その本のレビューに書いてあったことが「この本を読んで人生が変わりました」「この本を読んだおかげで未来が明るいです」という絶賛のコメントばかり。

 

しかし実際に私がよんでみるとまーつまらない!「本当にこの本50万部も売れてるの?」と売れた数を疑う程の本でした。

 

 

その逆もあってレビューで星2つ半という多くのユーザーからボロクソに叩かれている本がありました。売れた数はみていないので分かりませんが、かなりつまらない本なのかーと私はレビューをみながら思っていました。

 

そんなにレビューが酷いと逆にみたくなるのが私の性格です。怖いものみたさというのがあったのでそれで買いました。

 

 

その本の中身をみると、まー面白い!確かに炎上しそうなことばかり書いた本ですがキチンと的を射抜いてることばかり書いていたし。話の筋が通っていてしかも分かりやすい。

 

 

だけど世間の評価では最低ランクの本というレッテルを貼られている。これがレビューを鵜呑みにする怖さで本当に自分の好きな本を見失ってしまう事があります。

 

話を戻しますが、本のレビューだけを気にしすぎてもダメで、結局最後に頼るのは自分の勘になります。それでもハズレ本が来ることがあります。これが中身がみれるなら良いけど、ネット通販ではそれが出来ないので非常に怖いですよね。

 

最近はサンプルで最初の文を公開する事も多いですが、あんな小量なサンプルだけで判断が出来ませんよ!

 

まとめ

 

結局アマゾンで本を買うのは良いの?悪いの?と聞かれたら私は迷わず良い!と答えます。

 

確かに中身がわからない怖さや、本が綺麗ではないと言うデメリットもあります。しかしそれを上回るメリットが安さと新しい本に出合える事です。

 

やはり本を沢山読む本好きの人は値段を気にします。本当に欲しい本は迷わず手にしますが、「これ面白いの?」と買うのが迷う本もあるのも事実。本は新品で買うと1冊1500円を超えるものも多いです。

 

決して本は安くなく、生活が苦しい人にとっては1500円を出すのも厳しい場合があります。

 

だけど本によっては350円程で買える物もあります。新品の本の約4冊分なので新品1冊買うより沢山買えるので場合によってはお得です。

 

それに毎日同じ本屋ばかりだと新しい本の出会いがありません。本屋で実際にいくのも確かに良いですが、ネットも使う事によって知らない本も沢山出てきます。

 

だからアマゾンで本を買っていない人はこれを機に絶対に使った方が良いです!そうすればまた面白い本に出合う事が出来ますよ。